クラウンの金属アレルギーについて

相談者: taruchikaさん (61歳:女性)
投稿日時:2017-12-22 11:59:37
こんにちは。

バンコクの日本人歯科医の指示で、タイ人歯科医が治療するクリニックにて、4歯にクラウンを装着しました。

日本人歯科医からは直接回答を得て、「これらのクラウンはすべてジルコニウムを使用しており、金属は使ってない」という事でした。

その後、前回と同じタイ人歯科医が直接勤めるタイ総合病院歯科で、もう1歯(右奥歯)にまたクラウンを装着したのですが、同じモノを頼みました。

という事で最後の1歯も前回の4歯と同様に、ジルコニウムを装着してもらったと思っていました。

ところが、帰国後、掌蹠膿疱症関節炎が激しいので、都内の皮膚科で金属パッチテストを受けたところ、三塩化アンチモンの陽性反応が出ました。

バンコクの総合病院歯科に問い合わせたところ、メタルボンドとかいうモノらしく、「歯の内側クラウンに使用している金属はPoncelainとGold(86%)だそうです。」という回答が来ました。

同じ値段だったので、ジルコニウムだと思ってましたが、完全に違うようなのですが、上記の金属より、三塩化アンチモン陽性反応はあり得るのでしょうか?

クラウンによる金属アレルギーの場合、1歯のみ取り換えれば良いのか、全面的に取り換えるのが良いのか、教えて下さい。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2017-12-22 16:04:50
taruchikaさん

こんにちは。

クラウンに使用した金属によるアレルギー反応がでているのではないかご不安なんですね。

ちなみに、皮膚科でのパッチテストは一般的に歯科用金属として使われている全ての金属に対して行いましたか?

歯科用金属によるアレルギーは近年非常に重要な問題として扱われるようになっておりますので、皮膚科でも「歯科用金属アレルギー」の検査項目でアレルギー試験を行っている医院もあるくらいです。

おっしゃっておられる「三塩化アンチモン」というのは勉強不足であまり聞いたことがありません。
もし検査していないだけで他の金属にもアレルギーがあるのかもしれません。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: taruchikaさん
返信日時:2017-12-22 17:43:44
金田先生、

回答ありがとうございます。

私が受診したのは、皮膚科の通常の金属アレルギーパッチテストです。
歯科用金属アレルギーの特別の検査は知りませんでした。
受診するべきですね。

ところで、バンコクの総合病院歯科からの回答「クラウンの内側の金属の、PoncelainとGold(86%)」の件ですが、タイ歯科医から直接聞いた訳ではなく、日本人通訳からの返答なのですが、一般的に、金属アレルギーが出やすいタイプの患者に対しても、使用するモノでしょうか?

もう一つ、レントゲン写真で、5歯とも真っ白に写りましたが、ジルコニウムも真っ白に写るモノなんですか?

宜しくお願いします。
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2017-12-22 20:29:08
日本の歯科ではジルコニアという方が通りがいいと思います。

https://search.yahoo.co.jp/search?&ei=UTF-8&p=ジルコニア&fr=applep2&sftype=1&aq=0&oq=じるこにあ&aa=0&ts=5046&at=s&ai=Mg4gq86bQ6us7QzwXwnmjA

ジルコニアは金属のため白く写ると思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: taruchikaさん
返信日時:2017-12-22 20:44:33
柴田先生へ

回答ありがとうございます。

ジルコニアは白く写るんですね。
了解しました。



タイトル クラウンの金属アレルギーについて
質問者 taruchikaさん
地域 非公開
年齢 61歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ クラウン(差し歯・被せ)その他
歯科金属アレルギー
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日