MTAセメント治療済み7番に激痛、電気歯髄診に反応なし。歯髄死か

相談者: sabuさん (40歳:女性)
投稿日時:2017-12-22 23:37:19
こんばんは。

先月右下6番を抜歯しました。
その際7番を支点にしたらしく被せものが取れてしまいました。
(7番は他院で9ヶ月前にMTAセメントで治療しました。)

抜歯して3日目から7番の痛みが酷く、痛み止めも効果なし、夜中に激痛で目が覚めるほどでした。
上の歯との当たりを減らすため、という事で7番上部(仮のセメント?)を少し削ってもらったところ、徐々に痛みは治まっていきました。
後日痛みがなくなったので、被せものを戻してもらいました。
6番は骨が再生されたらインプラントにする予定で穴のままです。

1週間程前から7番の歯茎に違和感が出てきました。
触るとプニプニしています。
2日前に歯科医に見てもらったところ、膿が溜まっているとのこと。
神経の電気検査をしても全く感じませんでした。
レントゲンも撮りましたが、そちらの説明はありませんでした。
先生は、抜歯後に7番の痛みが続いたので神経が死んでしまったのではないか、とおっしゃいました。
次回から神経の治療を始めるそうです。


質問は

@痛みが続くと神経が死んでしまうということがあるのでしょうか?

A電気検査に全く反応がないということは、神経は完全に死んでいるということでしょうか?

B神経が死んでいたとして、何も治療しないと更に悪くなりますか?

CMTAセメント治療後ですが神経の治療は可能なのでしょうか?

D6番が穴の開いたままので7番に影響が出ているということはないのでしょうか?


すでに神経治療後の歯がたくさんあるので、1本でも神経を残しておきたいと思っております。
長くなりましたが、よろしくお願いします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2017-12-23 15:49:13
>@痛みが続くと神経が死んでしまうということがあるのでしょうか?

あるとは思います。


>A電気検査に全く反応がないということは、神経は完全に死んでいるということでしょうか?

個人的には「電気歯髄診断は一つの指標」だと思っています。
それ以外の検査もして総合的に判断するようにしています。


>B神経が死んでいたとして、何も治療しないと更に悪くなりますか?

神経が死んでしまっていれば、残念ながら治療は必要だと思います。


>CMTAセメント治療後ですが神経の治療は可能なのでしょうか?

どうでしょう?
可能な場合もあるかもしれませんし、無理な場合もあるかと思います。


>D6番が穴の開いたままので7番に影響が出ているということはないのでしょうか?

あまり関係が無いように思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: sabuさん
返信日時:2017-12-27 16:44:14
回答有難うございます。

痛みのせいで神経が死んでしまうとは驚きです…

Aの回答のそれ以外の検査とは、例えばどのようなもの検査ですか?
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2017-12-27 17:10:23
sabuさん、こんにちは。

神経が死んでしまうと、生きている状態より10%ほど成功率が下がる事が色々な論文で指摘がされていますので、早めの治療が望ましいです。

ちなみに、学術的なお話なので、つまらないことかもしれないですが、痛みのせいで神経が死んでしまうというより、神経が死んでしまう過程で痛みが強く出るという方が正確です。

電気的歯髄診以外の検査法は、冷熱診・温熱診・打診・触診・レントゲン(X線)写真があります。
100%正確な検査法はない為、これらの方法を組み合わせて診断をつけます。

お大事になさって下さい。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: sabuさん
返信日時:2017-12-27 17:38:03
お忙しい中、回答有難うございます。

神経が死ぬ過程で痛みが出るなんて初めて知りました。
あのひどい痛みは神経の断末魔のようなものだったのですね…なんだか歯に申し訳なく思ってしまいます。

神経の治療をした歯は脆くなってしまうと聞いているので、生きていると信じたいです。
電気検査で反応がなかったとき「私の歯が鈍いだけで生きている可能性はないですか?」と食い下がったら、先生に露骨に嫌な顔をされてしまいました…でもダメ元で他の検査もお願いしてみようと思います。



タイトル MTAセメント治療済み7番に激痛、電気歯髄診に反応なし。歯髄死か
質問者 sabuさん
地域 非公開
年齢 40歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯の痛み その他
根管治療その他
MTA
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日