レントゲンを撮影せずに根管治療

相談者: もも11さん (40歳:女性)
投稿日時:2018-01-19 07:50:55
上の歯、左奥が疼く感じがする為、受診しました。
レントゲンを撮ることなく、神経を抜いてある歯の先端に膿があるのだろうと言われ、根管治療をしています。


グリグリと膿を細い物で突き、消毒して圧がかからない様にと薬をつけた綿球だけ入れてあります。
その後、軽くズキズキして、何より頬が腫れ翌日には目の下あたりまで腫れています。

痛みは鎮痛剤を飲む程でなく、処方されたフロモックスのみです。


レントゲンをせず治療、腫れがあり心配で仕方ありません。


ご回答宜しくお願い致します。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2018-01-19 08:57:23
もも11さん

おはようございます。

個人的には診断には、問診・視診・触診・レントゲン診は不可欠と思っています。
表在性のむし歯であればまだしも、根管治療をする上でレントゲン写真を撮らないのは雪山を地図もなしに登るのと同じくらい無謀だと思いますが・・・

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: もも11さん
返信日時:2018-01-19 09:09:57
金田先生

早朝より、ご回答ありがとうございます。
雪山を地図もなしに登る…分かりやすいご回答ありがとうございます。



タイトル レントゲンを撮影せずに根管治療
質問者 もも11さん
地域 非公開
年齢 40歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 根管治療の治療法
レントゲン写真
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日