3歳、初期虫歯の対応はフッ素入り歯磨きだけでは不十分でしょうか?

相談者: kimucoさん (35歳:女性)
投稿日時:2018-01-17 14:15:39
初めまして。

子どもが1歳になった誕生日から予防歯科を始めました。
今は3歳になります。

2歳9カ月のとき(三ヶ月前)、下の両方の乳歯Eが磨き残しがありCOと言われました。
毎日朝と寝る前2回必ずフッ素入り歯磨きジェルで仕上げ歯磨きをし、最後にレノビーゴを乳歯Eに部分用歯ブラシで使用しています。
自分の虫歯菌が移ったのか、私の磨き方が悪かったのかなど自己嫌悪になり、試行錯誤していたらネットでブリアンを見つけました。


ブリアンはエビデンスに欠けることなどこちらで勉強させていただきましたが、もし虫歯菌を減らすことが出来るなら使用してみようかと検討してしまいます。

先日歯科受診した結果では悪化はしていないとのことでした。
白く濁った歯肉との間の歯は、このまま食い止めればまたツルツルのエナメル質に戻ってくれるでしょうか?
フッ素入り歯磨きジェルを使用し1日2回仕上げ歯磨きをしていればブリアンは必要ありませんか?


このまま虫歯になることは食い止めたく、助言を頂きたいと思いご相談させて頂きました。

また、やはりどんなに頑張っていても虫歯になりやすい体質(歯の質)はあるのでしょうか?


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2018-01-17 14:46:06
>毎日朝と寝る前2回必ずフッ素入り歯磨きジェルで仕上げ歯磨きをし、最後にレノビーゴ乳歯Eに部分用歯ブラシで使用しています。

フッ化物の濃度はレノビーゴよりもジェルの方が高いので、ジェルを使用しているのであればレノビーゴの使用に意味はありません。


ブリアンに関しては使って害はないと思いますが、効果があるかは疑問です。



ケアを頑張ることも大切ではありますが、食生活に気を遣ことも非常に重要です。

少なくともむし歯になった(なりかけた)食生活が改善されなければ、フッ素にしてもブリアンにしても期待した効果を発揮することは無いでしょう。


>また、やはりどんなに頑張っていても虫歯になりやすい体質(歯の質)はあるのでしょうか?

体質的な影響も全くないとは言い切れませんが、それよりも習慣による影響の方が大きいと思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: kimucoさん
返信日時:2018-01-19 20:18:50
堀先生
回答ありがとうございます。

レノビーゴフッ素の量がごく微量だと初めて知りました。
ありがとうございました。

食生活は1日5回で甘い物は控えているので体質なのかと思いました。



タイトル 3歳、初期虫歯の対応はフッ素入り歯磨きだけでは不十分でしょうか?
質問者 kimucoさん
地域 非公開
年齢 35歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 虫歯予防
フッ素
子供(子ども)の虫歯
子供の虫歯予防
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日