左下6番の銀の詰め物をCAD/CAM冠に交換できますか?

相談者: えりーさん (28歳:女性)
投稿日時:2018-01-25 23:00:15
こんにちは。
表記について、12月から健康保険適用になったとのことで、相談させてください。

・左右上下ぜんぶ7番あり
・右下の親知らずが生えており、右下5〜6番が多少内側に倒れている
・左下6〜7番にかけて銀の詰め物インレー?)あり

現在、上記の状況です。


昨年の夏に虫歯治療をして、左下6〜7番にかけての詰め物?をしていただきました。

この場合、

・6番だけCADCAM冠に変更することは可能でしょうか?
・6番もCADCAMにできる機械を持っている歯医者さんでしか治療は不可能なのですか?
(各医院のホームページを見ましたが、取り扱いありの記載を見かけなかったので)
奥歯をCADCAMにすること自体、実際先生方はどうお考えでしょうか?
噛み合わせ、劣化等)


どうか教えてください。
よろしくお願いします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2018-01-26 07:16:52
えりー さんこんにちは。

左右上下ぜんぶ7番ありがあり、CAD/CAM冠に変更したいのですね。

虫歯等何か問題があれば、6番はCADCAM治療を受けることが可能かもしれないですね。


器械がある無しでは無く、役所にCAD/CAM冠の届が必要になります。

各医院のホームページでは確認することが出来る訳では無く、届け出を出している歯科医院を確認する方法が良いと思います。
関東ですと以下のHPで確認が出来ます。

* https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/kantoshinetsu/chousa/kijyun.html

壊れやすいので、全て7の奥歯が無いとCADCAMにすること自体出来ない様になっていると考えられますので、白くはなりますが、壊れる恐れはあると思います。
ですから、ブラキシズムなど悪い癖がある方にはお勧めできないと思います。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2018-01-26 07:50:57
加藤先生への追加です。

保険適応になったのはまだGCという会社の製品だけのように思います。
ですから主治医がこのGC製品を採用していないと保険にはならないと思います。

回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2018-01-26 08:09:07
ご相談ありがとうございます。

>・6番だけCADCAM冠に変更することは可能でしょうか?

可能な場合は、金属アレルギーがあると医師の診断が出て、かつ歯科医師が6番に負担が強くないと診断した場合です。


>・6番もCADCAMにできる機械を持っている歯医者さんでしか治療は不可能なのですか?

加藤先生の回答通りです。


>・奥歯をCADCAMにすること自体、実際先生方はどうお考えでしょうか?

いずれだいぶ先には、今の未完な理論と技術が練り上げられて、自費でもほとんど全てそうなると言われている現代の理想的な技術です。


しかし保険治療については、保険制度のほとんど予算の都合上決まったことなので慎重さが必要です。

>(噛み合わせ、劣化等)

その配慮は全くなされておりません。

私個人の考えでは、もしとてもひどい金属アレルギーがあり、かつ、すでにクラウンになっている歯を、今すぐ治療しなければならないがとても予算がない場合、体を守るための応急処置ならば良い場合もあるかもしれないと思います。


また、6番の噛み合わせは、これを咬合と言いますが、その歯を含めて他全部の歯や、毎日の快適な生活など、一生を左右する極めて重要な機能です。
これを一生を通して保全できるかどうか、普段から必死になって取り組んでいる歯科医師からすると、予算の都合という事情はあるにしてもまだまだ性急すぎた安易な制度かもしれないと思っています。

もうすでに、それにしてから困るようになってしまっている人たちのやり直しが始まっているからです。
やり直しは、初めてその歯を治療するよりも更に大変になっているからです。


削ってしまうともう元通りには戻せません。
一時的に白くしたいだけで良いのかよく検討しましょう。

2人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: えりーさん
返信日時:2018-01-26 23:22:38
加藤先生、柴田先生、さがら先生、教えていただきありがとうございました。


さがら先生のご指摘どおり、一時的にでも白くなればいいかなと思っての相談でございました、、、お恥ずかしい限りです。
しかも金属アレルギーじゃないとやはりダメなのですね、該当しないので、ふりだしに戻りました(笑)。



そして、追加での質問、申し訳ございません。
私の書き方も悪かったのですが、左下6〜7番にかけての詰め物のことなのですが、同時に治療していただいたので、詰め物自体が歯1本ごとに対応しているものではなく、2本あわせての詰め物(インレー?かぶせもの?)になっている気がします。
(大きかった気がするので。。。確実とはいえませんが。)

なので、6番だけCADCAMは可能か?と質問させていただきました。
CADCAMに限った話でなく、今後どちらか1本が悪化して更に削った場合、

・また2本分の詰め物を作成いただかなくてはならないのでしょうか?
・1本ずつ作成いただくことは不可能ですか?

よろしくお願いいたします。
回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2018-01-27 09:48:38
>2本あわせての詰め物インレー?かぶせもの?)になっている気がします。

フロスを通されれば確認できると思いますよ。


>今後どちらか1本が悪化して更に削った場合、
>・また2本分の詰め物を作成いただかなくてはならないのでしょうか?

何とも言えませんが、連結の場合は2つを交わしてやり直すことが一般的だと思います。


>・1本ずつ作成いただくことは不可能ですか?

担当医の考え方次第ですが、単独で作ることが多いように思います。

僕は清掃性や適合性、やり直し時のリスクなども含め連結にすることはほとんどありません。




タイトル 左下6番の銀の詰め物をCAD/CAM冠に交換できますか?
質問者 えりーさん
地域 非公開
年齢 28歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 保険のインレー(銀・金属)
ハイブリッドセラミッククラウン
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日