右上7番の根管治療について

相談者: ketosoさん (26歳:女性)
投稿日時:2018-02-15 00:32:13
はじめまして。

本日右上7番の根管治療を始めましたが、初めての治療の為色々と不安があります。

そもそもこの歯がインレーを被せていたのですが、2年ほど前にカリエスで脱離してしまいアンレー形態に変わりました。

その後半年足らずほどで再度脱離してしまい、応急的にカルボセメントで仮着してもらい、そのまますごしてきました。

その際には特に再治療の指摘などもされず、のちのち治そう程度でおりました。

そして3ヶ月ほど前、全体的に口腔内が気になりクリーニングメインで歯科医院に通ったところ、今の箇所について相談し、不適合を指摘されましたが後でも構わないといわれました。
この時は痛みも発症しておりません。

ですが、今月に入り冷たいものがしみてしまい先週末の連休前から咬合痛を発症しました。
クリーニングで通った医院は雰囲気が合わず、新たに予約し、主訴を伝えるとデンタルを撮影し、歯周炎噛み合わせが原因と診断されました。

歯肉の腫れが見受けられるので、腫れが引いてから治療するといわれ、ペリオフィールを投薬されましたが、ポケット内洗浄はされませんでした。

そこでは抗生物質と痛み止めを処方していただき、1週間後に再度診察の予約を入れて帰宅しました。
しかし、日中は薬の効きも良かったものの布団に入ると痛み出し全く昨晩は眠れませんでした。

ペリオフィールの件も気になり、今日他院を受診したところ、根穿部に透過像が見受けられるといわれたので、思い切って治療介入していただくことにしました。

アンレーを除去した際、カリエスが進行しており抜髄をされました。

実際に除去前と除去後の写真を撮影されており、それを見ながら説明されました。
今は薬が効くと落ち着くのですが、やはりズキズキとした痛みは鈍く続いているような感覚です。



質問内容としては、

1)昨日の前医の判断は適切だったのか。

2)ポケット内洗浄せずにペリオフィールを投薬する前例があるのか

3)明日で抗生物質と痛み止めが終わるが、痛みが落ち着かなければ再度受診すべきか

の以上の3点です。
お忙しいとは思いますがどうぞよろしくお願いいたします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2018-02-15 12:49:46
こんにちは。

長いストーリーがあるようですね。

>1)昨日の前医の判断は適切だったのか。

ペリオフィールの件でしょうか、少なくとも私は歯肉炎とかかみ合わせの不調ならペリオフィールは使いません、というかペリオフィールそのものを使いません。

もしかみ合わせの不調なら、かみ合わせを調べてそれに見合った処置をいたします。

2)ポケット内洗浄せずにペリオフィールを投薬する前例があるのか

ポケット内洗浄もペリオフィールも意味はないと考えています、もし歯周炎なら歯磨きの不備だと思うので、歯磨きの練習ということになりそうです、かみ合わせが原因で冷たいものがしみるとは考えられないので、他に原因がないか探ります。

3)明日で抗生物質と痛み止めが終わるが、痛みが落ち着かなければ再度受診すべきか

現在の痛みは抜髄処置によるものだと思います、したがって個人的には鎮痛剤や抗生剤では治りにくいように思います。

抜髄処置をしてもらった主治医に問い合わせるか診てもらうのがいいと思います。




タイトル 右上7番の根管治療について
質問者 ketosoさん
地域 非公開
年齢 26歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 根管治療の治療法
歯茎(歯ぐき)の腫れ
歯医者への不信感
二次カリエス(2次的な虫歯)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日