歯科医師、ブランクがある場合の再就職

相談者: とくめいトクメイさん (34歳:男性)
投稿日時:2018-02-23 16:39:29
まず、場違いの質問をお許しください。

研修終了後、とある歯科医院にて勤務医として働いていましたが、過労がたたり心身を病み、休職しました。

やっとのことで心身の調子が回復してきましたが、すでに3年以上ブランクができてしまっています。


これから再就職を考えていますが、歯科医師としての技術は皆無の状態です。
こんな状態で歯科医師として職場復帰することは可能だと思われますか。
それとも、歯科医師をあきらめ別の業種に転職したほうがよいと思われますか。


忌憚のないご意見をお聞かせください。

よろしくお願いいたします。

回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2018-02-23 17:03:30
とくめいトクメイさん、今日は


歯科医師としての職場復帰は可能だと思います。
但しクリアしないといけない問題点がいくつかあります。

1)元と同じ状況になった時、病が再発しないか
2)10歳離れた同僚とうまくやっていけるか
3)年下の上司に抵抗なく接することができるか
4)自分自身が大丈夫でも、年下の上司が気を使ってギクシャクするかも知れないが、それでも自分のほうから上手くこなせるか

こういった点がクリア出来るなら、ぜひ復帰されると良いと思います。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2018-02-23 17:33:05
こんにちは。


せっかく歯科医になられても職場に馴染めなければなかなか難しいですよね。

技術が皆無であれば歯科医としての給与を期待されると就職先探しが難しいかもしれませんから、歯科助手程度の給与待遇での復帰から徐々に職歴をあげていかれるくらいの覚悟が必要かと思います。

歯科医としての技術力がないのに歯科医師待遇での契約にしてしまうと再度ご負担が大きすぎて、心身に負担になるかもしれないと思います。

下積みから再開される覚悟をお持ちであれば資格をお持ちなのですから多くの職場に歓迎されると想像します。


過労は心身を病みますからほどほどの期待値の医院から再開されるとよいのではないでしょうか?

キャリアを積んでいけば最終的には遅くても10年で一通りのことが出来るようになり、その後更に勉強を重ね経験を重ねて行く一生の仕事です。
最初につまづいてもちゃんと追い付き追い越せますから、長い人生無理のないように一歩一歩進んで行ってください。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2018-02-23 18:51:50
大変でしたね、心身の調子が回復したとのことですからとりあえずおめでとうございます。

歯科医師としての再スタートという事であれば今までの事情を理解してもらえる職場なら大きな問題はないと思います、ご自身で技術を習得なさればいいだけの話です

もし過去の病状について理解が得られないもしくは話せない職場なら再発の可能性があります、これはどんな職場でも同じです。


したがって個人的には歯科医として再出発をなさるのがいいと思います。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: とくめいトクメイさん
返信日時:2018-02-23 19:42:50
小牧先生、船橋先生、山田先生

ご回答ありがとうございます。

仮に歯科医師として再出発する場合は、まずは経済面よりはゼロからの技術習得が大事だと考えていましたので、無給もしくは歯科助手未満の給料・待遇をお願いするつもりでいます。

しかし、歯科医師に限らずどの職場においても小牧先生が指摘されているように再発のリスクはあると思います。


大事な選択になると思いますので、時間をかけて、色々な方に相談して決断したいと思います。
回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2018-02-23 20:25:13
当院は勤務医を雇う余裕なんて全くありませんが、聞くところによると勤務医が集まらないそうです。
つまりまだ売り手市場のようです。

ご自分に合ったところが見つかると良いですね。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答5
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2018-02-25 12:05:16
社会で信頼を得るには約束を守れる人であることが大切だと思います。

ですから体調が不良であればそれを雇用先に伝えておくことと、シフトに入ったらそのシフトは守ること。
守れない場合もあるでしょうから、人間関係を作っておき組織全体に迷惑をかけないように替えで入ってもらえるようにしておくことが、出来る職場にしておくとよいのではないでしょうか?

できれば人員的にある程度余裕のある歯科医院から再開されるのがよいと思います。
例えば大学病院のような研修施設からやり直されると無理がなくてよいかなと思います。
大学の先生にご相談されるとよいかもしれません。

3人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答6
  • 回答者
回答日時:2018-02-25 19:53:07
僕は無給や歯科助手と同じではなく、新卒と同じ条件でお願いした方が良いと思います。
無給や歯科助手と同じでいいからと言われてしまうと、雇う側としては逆に非常に危険な香りを感じてしまうかもしれません。

今時の新卒は何も出来ないのが普通ですから、新卒を募集している歯科医院であれば十分採用候補になると思いますよ。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答7
  • 回答者
回答日時:2018-02-25 20:52:51
とくめいトクメイさん、こんにちは。

>無給もしくは歯科助手未満の給料・待遇をお願いするつもりでいます。

田尾先生も書かれている通り、新卒歯科医師と同じ扱いにしていただいたほうがいいかと思いますよ。
自分の安売りは後々ご自身の首を絞めることになってしまうと思います。

歯科医師として復帰するのであれば、必ず何件か見学に行かれることをお勧めします。
また、個人的には昇給や有給取得率などを詳しく聞いてもしっかりと答えてくれないような医院はあまりお勧めできません。
医療業界は一般的にブラック企業が多いイメージがあるかと思いますが、そういったところに就職してしまうと再度心身の調子が悪くなってしまう可能性がありますからね・・・。

ご参考程度にしていただければと思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: とくめいトクメイさん
返信日時:2018-02-27 19:42:03
柴田先生、船越先生、田尾様、三木様

返信が遅くなり申し訳ありません。

>無給や歯科助手と同じでいいからと言われてしまうと、雇う側としては逆に非常に危険な香りを感じてしまうかもしれません。
>自分の安売りは後々ご自身の首を絞めることになってしまうと思います。

これらの回答で自分自身を卑下しすぎていたのではと感じました。
実際に見学する際によく自分の過去・現状を説明して、その上で待遇を相談させていただこうと思います。


>例えば大学病院のような研修施設からやり直されると無理がなくてよいかなと思います。

大学病院も候補の一つだと考えてます。
選択肢を広く設定したほうがいいと思うので、臨床の先生や同期の知人、また基礎系に進んだ同期もいるので、臨床だけにとらわれすぎず相談したいと思います。

親身な回答誠にありがとうございます。
回答 回答8
  • 回答者
回答日時:2018-02-28 05:55:16
新卒歯科医だと研修医になるかと思います。
研修医には国から補助金が出るように聞いたことがあります。
全くの新卒扱いにはならないかもしれないですね。

回答 回答9
  • 回答者
回答日時:2018-03-03 01:53:25
こんにちは。


悲観することもあきらめることもありません。
私が歯科医師になったころは、何年も浪人したり他の大学を卒業してから歯科医師を目指すなど、歯科医師免許を取得するころには30歳を超えている人は珍しくありませんでした。
40歳代で歯科医師になり、成功している人も知っています。

しかしながら、不安になる気持ちもわかります。
私も勤務医時代に体調を崩して休職したことがあります。
同級生や後輩の活躍の話などを聞くと自信を無くしたものです。


まずは、講習会に出るなどしてはどうでしょうか?
また、いろいろな歯科医院を見学できるのは今しかありませんから、就活がてらいろいろな医院を見学されることをお勧めします。

スキルアップにもなりますし、モチベーションも高まると思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: とくめいトクメイさん
返信日時:2018-03-06 19:47:03
柴田先生、鈴木先生

返信が遅くなり申し訳ありません。

>悲観することもあきらめることもありません。

このように言っていただけると非常に勇気をいただけます。
同級生や後輩が開業したと聞くとやはり焦りが出てしまいます。
自分のペースで一歩ずつ進んでいきたいと思います。

これから病院見学や講習会に参加していきます。
また良い報告ができるときは掲示版に記載いたします。

多くの先生方のご意見ありがとうございました。


タイトル 歯科医師、ブランクがある場合の再就職
質問者 とくめいトクメイさん
地域 非公開
年齢 34歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ その他(歯科医師関連)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日