上下顎前突治療中、奥歯に違和感がある

相談者: たかのさん (26歳:男性)
投稿日時:2018-03-11 07:51:37
下顎前突の治療をうけていますが、前の歯を奥に移動するはずが、なぜか奥歯が痛いです。

奥歯が逆にひっぱられてるのかわからないですが、ぐらぐらして違和感があります。


これはよくあることですか?


回答 回答1
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2018-03-11 09:10:47
こんにちは。

歯を動かすにはどこかに力の元になる部位を設置して動かしたい部位を動かすので、例えば前歯を後ろに引くためには奥歯アンカーにして引くとか、アンカースクリューを骨にねじこんでそこから引くとか、口蓋や舌側の骨や歯茎をアンカーに追加して引くとか、後方の歯列全体をアンカーにして引く等が行われると思います。

ですからアンカーになっている歯には反作用で前に引かれる力が生じる場合もあります。


今起きていることが予定内のことなのかはその矯正のメカニクスを考えている先生にしかわかりませんから、矯正治療中にご不安があれば随時担当の歯科医から説明を受けるようにされた方がよいと思います。

様々な装置があり様々な方法がありますから、担当の先生が責任を持つことだと思います。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2018-03-11 17:20:02
右上は第一大臼歯抜歯してありますので、第二大臼歯から引っ張っているということになります。
1本の歯から前方の歯を引くことになり、この歯にとっては負担が大きいということになっているのかもしれません。


犬歯小臼歯の遠心移動では、大臼歯との間で引き合いになります。前方の歯は後方に動きますが、後方の歯も前方に動きます。

力が加わっていれば、歯には動揺は生じるものでもありますので、ぐらぐらしているというのは起こりうることです。


第一大臼歯を抜いた側は抜歯スペースは大きいのですが、犬歯のほかに小臼歯を2本遠心に移動する必要があります。
この間に第二大臼歯が近心に動くことを考えますと、前歯部を後方に下げる量がどれぐらい確保できるのか分かりにくいところがあります。

前歯部を下げる量が十分に確保できないと思われれば、アンカースクリューを用いるということも考えているかもしれません。

1人の専門家がこの回答を支持しています  



タイトル 上下顎前突治療中、奥歯に違和感がある
質問者 たかのさん
地域 非公開
年齢 26歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 歯の痛み その他
歯列矯正のトラブル
上顎前突(出っ歯)
下顎前突(受け口)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日