妊娠中に防護エプロンなしでフィルムタイプのデンタルX線撮影

相談者: みい0923さん (30歳:女性)
投稿日時:2018-03-22 13:16:37
もうすぐ妊娠5ヶ月になるというときに歯が痛くなり歯医者に行きました。

小さいレントゲンを撮ると言われ影響はほとんどないからと防護エプロンは着けませんでした。
最近のデジタルレントゲンは被曝量が少ないと私自身もネット等見て知っていたので撮りましたが

出来上がったレントゲンは電気のついたボード?にフィルム貼り付けて見るタイプでした。
てっきりパソコンとかに転送等して画面で見ると思っていたのですが、私が撮ったレントゲンはデジタルレントゲンではなく昔のタイプのレントゲンなのでしょうか?

その場合被爆量などは増えてしまうのでしょうか?
治療が終わるまで計3枚撮りましたが
胎児に影響はありませんでしょうか…?
説明が分かりづらく申し訳ございません。
宜しくお願い致します。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2018-03-22 20:18:36
昔からあるフィルムタイプのようですね。数倍の被曝線量にはなるかと思いますが、個人的には大丈夫だと思うと回答します。

ただ患者さんの気持ちを考えると防護エプロンをしても良かったかなと思います。

なんか反対の話をしてますね。




タイトル 妊娠中に防護エプロンなしでフィルムタイプのデンタルX線撮影
質問者 みい0923さん
地域 非公開
年齢 30歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 妊娠中の歯科治療
レントゲン写真
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日