[写真あり] CR充填後の研磨について

相談者: ランプの魔神さん (26歳:男性)
投稿日時:2018-03-31 10:01:09
3/19 レジン充填

3/20 歯の表面研磨のため受診の際(エナメル質まで削られ形が変わる)画像のバーで研磨


質問

CR充填→研磨の際 通常ならば形態修正後 ラバーなどシリコンポイントで研磨するのが普通ではないのですか?

画像のダイヤモンドのバーで最終研磨されエナメル質まで削られたのですが先生は画像のバーは表面がツルツルだからそんなに削れないと言っていました?


画像1画像1


回答 回答1
  • 回答者
細見歯科医院の細見です。
回答日時:2018-03-31 10:10:56
黄色いラインが入っているスーパーファインなので基本研磨用のバーです。

主治医の言うようにそんなに削れないと思いますよ。

その後ラバーやシリコンで研磨すれば完璧だったかもしれませんね。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2018-03-31 10:11:27
こんにちは。

スーパーファインの説明です。
「超微粒子のダイヤモンドを使用し、研磨面は特に滑沢となります。」ほとんど削れませんが圧のかけ方次第でしょう。
シリコンポイントにも細粒が入っていますので同じことですね。


元々研磨という作業自体、そういう意味があるのです。
削っていく粒度を細かくしていく作業になります。

別途艶出し作業というのもありますが、研磨が出来ていなければゴツゴツ凸凹したままなので上手くいきませんから、形態修正⇒研磨⇒艶出しというのが一連の流れになると思います。

1人の専門家がこの回答を支持しています  



タイトル [写真あり] CR充填後の研磨について
質問者 ランプの魔神さん
地域 非公開
年齢 26歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ レジン(白いプラスチック)
その他(写真あり)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日