インレー接着前の間接覆罩は厚みが出る?(海外)

相談者: Okamuさん (35歳:男性)
投稿日時:2018-05-03 01:33:13
海外からです。

セラミックインレーを入れる為に型取りをしてから仮詰め中でしたが、インレー接着予定の2週間が経っても噛むと痛むので仮詰めを外して神経保護の薬を塗布の上しばらく様子見したいと伝えました。


しかし間接覆罩を行うとその分一つの層が出来て厚みが出てしまい、インレー接着の際フィット感に問題が出るからうちではやっていないと言われてしまいました。

仮詰めは外さずに次回来院時までに知覚過敏用の歯磨き粉を使用して様子を見るか、インレー装着後症状が続くようであれば歯の上から知覚過敏の薬(?)を塗って様子を見ると言われました。


過去の相談を見ていると歯髄炎が疑われる場合、仮詰めを外して間接覆罩の上様子見と言うのは標準的な処置のように思われるのですが、上記のようなことはあるでしょうか?

また、結局その日にインレーを接着してもらったのですが、仮詰めが簡単に取れるようなものではなく(CR素材?)、麻酔をした上でタービンもしくは超音波スケーラーのよなものでかなり長い時間をかけて削り取られました。

これまでは簡単に取れる仮詰めばかりだったのですが、このようなしっかりした仮詰めを使う理由はなんでしょうか?


宜しくお願いします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2018-05-03 11:05:00
>間接覆罩を行うとその分一つの層が出来て厚みが出てしまい、インレー接着の際フィット感に問題が出るからうちではやっていないと言われてしまいました。

その通りだと思います。
当然セラミックインレーの作りなおしになり再製作費を支払えば可能かもしれませんね。

知覚過敏に対する処置があっているからどうかは分かりません。


>このようなしっかりした仮詰めを使う理由はなんでしょうか?

どのような材料なのか分かりませんが水硬性セメントかもしれませんね。
その、目的は

 歯面が汚染されないように。
 歯髄炎を防ぐため。
 咬合の維持。
 歯牙移動の防止。

などがあると思います。

2人の専門家がこの回答を支持しています  



タイトル インレー接着前の間接覆罩は厚みが出る?(海外)
質問者 Okamuさん
地域 非公開
年齢 35歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 詰め物、インレーその他
海外その他
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日