根管治療後の被せ物と歯列矯正の必要性について

相談者: ももこ♩さん (25歳:女性)
投稿日時:2018-05-30 13:11:37
こんにちは。

@虫歯治療での被せ物の種類について
A歯列矯正の必要性ついて

質問させて頂きます。

酷い虫歯が出来てしまい、根管治療を行っており、現在土台を立ててもらったところです。

次回が被せ物をするという事で、白いものを希望したところ、担当の先生から、

保険適用の白いものがある。
割れやすく、割れてしまった場合は自費治療で治すことになる。」

との説明を受け、そちらでお願いしたいと伝えました。

しかし帰り際に院長先生が出て来られ、被せ物は銀歯にすること・歯列矯正をすること・矯正が終わったら白い被せ物に変えることを勧められました。


理由としては、

私の歯は前歯が少し下の歯に被さっている不正咬合で、このまま放置するとどんどん悪くなるので歯列矯正をした方が良い。

それならば歯並びを治す期間は仮として銀歯にし、その後やはり白がいいようであればその時また変えれば良い。

また保険の白の被せ物は割れやすくお勧め出来ない。

という内容でした。


確かに歯並びは良くないので、矯正するに越した事はないと思うのですが、虫歯治療の途中で急にそのような話が出てきて困惑しております。

銀歯にした方がいいというのも、矯正を受けさせる為に言われているような気がして、少々不信感を抱いております…。

(銀歯はアレルギーが気になると院長先生伝えたところ、どんな被せ物でもアレルギーになる可能性はあると言われました)

(お会計を待っている際に、担当の先生と院長先生とで、保険の白と銀歯どちらが良いか言い争っている声も聞こえました)

一旦お返事は保留にしている状態です。

他の矯正歯科カウンセリングに行こうかと考えており、虫歯の治療についても、信頼できる他の歯医者を探し、そちらにお願いしようかと悩んでおります。

もちろん実際の歯並び等を見なければ何とも言えない事かと思いますが、どのような印象を受けたかお教え頂けると助かります。

よろしくお願いいたします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2018-05-30 15:55:11
実際にお口の中を拝見していないので何とも言えませんが、もし、仮に矯正治療をした方が良いという状況であれば、院長先生の提案は妥当なような気がします。

虫歯治療の途中で急にそのような話が出てきて

流れからすると「虫歯治療の途中」と言うよりも、「区切りの良いところ」での話のような気がします。

一般の方は「根の治療被せ物が終わるまで」を「虫歯治療」と思われがちですが、我々歯科医の考え方としては

「根の治療〜土台までで、一区切り」
「土台の形成〜被せ物までで一区切り」

と考えます。

銀歯アレルギーが気になると院長先生伝えたところ、どんな被せ物でもアレルギーになる可能性はある

まあ、これを言っちゃ歯科治療全般が成り立たなくなってしまうので何とも言えませんが…。

矯正治療を考えるのであれば、本来なら

自費仮歯硬質レジンなど)〜矯正治療〜セラミックスに作り替え

と言うのが正しいのですが…
(やり替えるのを前提で銀歯を作るというのはルール違反になりますが、患者さんの経済的負担を考えて「保険の銀歯で」と言うような提案があったものと思います)


>他の矯正歯科カウンセリングに行こうかと考えており、 虫歯の治療についても、信頼できる他の歯医者を探し、そちらにお願いしようかと悩んでおります。

転院する、しないは別として、いろいろな意見を聞いてみるというのも悪くはないように思います。




タイトル 根管治療後の被せ物と歯列矯正の必要性について
質問者 ももこ♩さん
地域 非公開
年齢 25歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯列矯正の治療法
歯医者への不信感
根管治療後の詰め物・被せ物
歯並びが悪い
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日