別の歯科を受診したら診断が変わった、どんな歯科を探したらいいのか?

相談者: そばがきさん (32歳:女性)
投稿日時:2018-06-17 21:54:12
よろしくお願いします。

それまでA歯科に通っていたのですが、転職のため勤務時間が変わりやむを得ずB歯科に通い始めました。
A歯科では治療の必要がないと言われた虫歯を指摘され、こまめに通って治療してもらっていました。


2018年の3月末にいつも通り虫歯の治療に行った際、麻酔後に歯科衛生士さんから下記の説明を受けました。

・上5番の歯がひどい二次虫歯であること
・そのためかなり広範囲で削らなければならず、保険適用のコンポジットレジンが強度的に使えないこと
・笑うと見える位置の歯であるため、白い詰め物にしたいなら保険適用外の1本10万円のハイブリッドセラミックがおすすめであること


話を聞いてびっくりしました。
30代ですが、虫歯はあってもこれまで保険適用外の治療を受けたことがなく、自分の歯の状態がここまで悪いとは思っていませんでした。

また、B歯科では初診の時から虫歯が何本あって、こういう風に治療していきますという説明もありませんでした。
少し考えさせて欲しいと伝えると明らかに先生が気分を害したような口調になったのでそれ以上は質問できず、帰り際に受付で受付の方と歯科衛生士さんに質問したところ、

「保険適用のコンポジットレジンが強度的に使用できないほど広く、削らなければならないひどい二次虫歯の歯が全部で6本ある」

とのことでした。


一生懸命保険適用の白い詰め物を検索したりしましたが、有給を取ってしばらくぶりにA歯科に行き、先生に見ていただいたところ、

「そんなにひどい二次虫歯があるようには見えませんが…」

と言われました。
私が不安がるので、歯の写真とレントゲンも撮ってくださいました。
写真とレントゲンをディスプレイに表示して指差しながら、

「ここにある黒い点、これは確かに二次虫歯です。
でも、以前もお伝えしましたが治療の必要がないほど小さなものです。
これが今日の写真とレントゲン、こちらが前回半年前に来ていただいた時の写真とレントゲンです。
虫歯の大きさがまったく変わっていないことがわかるでしょう」


結局A歯科の先生には

「治療の必要がある歯は現時点でありません」

と言われ、レントゲン代も含めて1700円ほどお支払いして帰宅しました。
この数日間、眠れないほど悩んで少しでも安い保険適用外の白いインレーを検索し続けた時間を返して欲しい、と心底思いました。

ちなみにそれから数ヶ月ほど経過し、今月A歯科にて定期検診ですが、B歯科に

「早めに削らなければどんどん虫歯が広がる」

と言われた歯は、どこも痛くもなく普通に噛んで食べて生活できています。



そもそも
・初診の時から治療について説明のなかったB歯科にもっと早く疑問を抱くべきだった
・自分から積極的に質問しなかった私も悪かった
と思いますが、それにしてもこんな歯科があるのかとびっくりしました。


先生によって、虫歯についての考え方や削るべき、残すべきという判断が異なることもわかっていますが、最後にA歯科にかかったのが2017年の10月で、その時は「治療の必要なし」と判断された虫歯が、たった半年の間にB歯科では一気に6本に増えたことに驚きました。

半年間でそんなに虫歯が増えるものなのだろうか、というのが何より疑問です。
「保険適用外なので医療ローンやクレジットカードの分割払いも可能です」と受付で勧められたのにも不信感を覚えました。


転勤で近々引っ越すのですが、またB歯科のような歯科に当たるかもと思うと不信感とトラウマで引っ越し先で歯科にかかるのが怖いです。
行く前にネットでその歯科のホームページと、あれば口コミも確認していますが、それもどこまで信用できるか…

地元の人に聞くのが一番だと思いますが、立地的にかなり広範囲から通勤してくる社員が多く、引っ越し先の近所の歯科について詳しく知っている社員はまずおらず、とにかく不安です。


引っ越し先でも安心して自分の歯を任せられる、安心して通える歯医者さんに出会いたい。
先生方、どうか良い歯科の見分け方を教えてください。

自分では、とにかく少しでも不安や違和感を感じたら通うのはやめてセカンドオピニオンにかかること、また治療について詳しい説明がない歯科や、患者からの質問に嫌な顔をする歯科はやめようと思っていますが、他に何か気を付けたほうがいいことはありますか?


回答 回答1
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2018-06-17 23:17:08
こんにちは。


すでにご存知だと言うことですが、歯科医によって虫歯治療介入時期についての判断は異なります。

また、経過観察を長期に渡って行っているかかりつけ歯科医院より、初診で行く歯科医院のほうが治療を積極的に行う傾向が生じると思います。
また他人が行った治療のやり直しは積極的に勧めやすいと言うのはあると思います。

ですから転勤等で歯科医院を変えなければならない方は、治療を勧められやすくなるかもしれません。


ただ誰が診ても治療する必要がない歯であれば誰も治療を勧める事はないでしょう。
誰かに治療を勧められたと言う事は、やはり何処かに問題が生じているのでしょう。

完璧な治療を受けておられれば追加治療を勧められる事はなくなるはずで、また治療後にきちんとお手入れできていれば問題は起きないでしょうから、多少費用がかかり治療期間が長くなっても良い治療を受けておくほうが良いと思われます。


保険適用の治療よりも自費治療のほうが出来が良い場合は多いのですが自費治療は高額です。

安くて良い治療は無いので(普通は有資格者の人件費は高いので)治療を受けるならば高くても良い治療を受けておくほうが後で何度も治療しましょうと言われず良いのかも知れません。


悪い所を徹底的に取り除いておくタイプの治療は、後で悪くなる歯の部位が少ないので悪くなりにくいかもしれませんが歯質は少なくなるでしょう。
その分お手入れは楽かもしれません。




タイトル 別の歯科を受診したら診断が変わった、どんな歯科を探したらいいのか?
質問者 そばがきさん
地域 非公開
年齢 32歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯医者への不満・グチ
その他(歯科治療関連)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日