根管治療と咬合調整についての転院先での治療内容の伝え方

相談者: ふくにこさん (29歳:女性)
投稿日時:2018-06-18 10:07:38
治療途中での転院を考えています。
転院の際の治療内容の伝え方についてお聞きしたいです。

先日耐えられない程の歯の痛みで、急遽、自宅から離れた口腔外科で治療をしていただきました。
続きの治療は自宅近くの医院に変更しようと考えています。


●治療内容●

神経が腐りはじめていたそうで、神経を取り、白い詰め物をしてくださいました。

●担当医師から言われたこと●

そのときの担当医師には、転院する予定であることは伝えてあり、次の2つを転院先で伝えるように言われました。

1、「神経が腐っていたので治療をした」
2、「咬合痛があるので、今後は噛み合わせの調節をするように」


●現在の歯の状態●

治療した歯は右上、前から7番目の1番奥です。
歯の噛み合わさる部分に白い詰め物がしてあります。

元々その歯だけ少し高さがありすぎて他の歯が噛み合わない状態でしたので、高さも削り歯の表面が真っ平らになっています。

(イラスト参照)

治療後3日が経ち、痛みもかなり収まっています。


・・・・・

これまで歯科医院で何度も誤診の経験があり、元々の歯科嫌いもあって、きちんと治療をしてもらえるだろうかと不安です。

的確な治療をしてもらうために、次の歯科医院でどのように伝えれば不足なく申し送りができるのか教えていただきたいのです。


●お聞きしたいこと●
・先生は「被せ物になります」とおっしゃっていたので、おそらくこの後の治療としては銀歯の型をとって・・・となるのだと思っているのですが違いないでしょうか。

・転院先で

「別の医院で神経の治療が済んでいるので、被せ物をお願いします。
また咬合痛があるので、噛み合わせの調節もお願いします」

と伝えようかと思っているのですが、どうでしょうか。

・それとも、通いづらくても同じ医院にするべきなのでしょうか。



やらなくて済む治療を繰り返してしまうことや、やらなければならない治療をせずに済まされてしまうことを避けたいと思っています。

治療を見ていない状態で答えづらいかと思いますが、先生方のご意見お聞かせください。

画像1画像1


回答 回答1
  • 回答者
細見歯科医院の細見です。
回答日時:2018-06-18 10:17:09
担当医に言われたとおりに

1、「神経が腐っていたので治療をした」
2、「咬合痛があるので、今後は噛み合わせの調節をするように」

この通りに伝えれば良いと思います。

あと文章通りだと神経の治療はまだ終わっていないと思います。




タイトル 根管治療と咬合調整についての転院先での治療内容の伝え方
質問者 ふくにこさん
地域 非公開
年齢 29歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 根管治療その他
噛み合わせ(咬合)治療
その他(歯科治療関連)
その他(写真あり)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日