インプラント施術を日本かアメリカかで迷っています(米国)

相談者: Fujinoさん (52歳:女性)
投稿日時:2018-06-30 12:45:51
アメリカ永住者で、一昨年、こちらで右下6,7番を抜歯、ボーングラフティングをしました。

インプラントが怖くて、部分入れ歯か迷い続け、あっという間に一年経過してしまいました。
結局インプラントにすることにしたのですが、施術をアメリカでするか、今年日本に里帰りした際にするか迷っています。

理由は、抜歯、ボーングラフティングをしてくれたこちらのインプラント専門医があまり私のように骨の厚みのない東洋人を施術した経験がなく、3Dシュミレーションで埋入するのではなく、長年の感でできると言っていおり、値段が高くても保障もなく、心配。

ウェブサイトで探した日本の歯科医は、経験豊富、3Dシュミレーションで埋入、10年保障、値段はアメリカよりお安いが信頼のあるメーカーのインプラントを使用しており、メールのやりとりの対応も新設で、信頼がおける歯科医と判断しました。

ですが、別の歯を診てもらったアメリカ在住日本人歯科医に、日本の歯科医療はアメリカの10年以上も遅れており、インプラントもそうで、日本で装着されたインプラントは不十分で中にはとんでもないものも多くある、と言われ、どうしたものかと悩んでいます。


そこで、先生方に質問です。

1)日本のインプラント施術は本当に遅れているのでしょうか?

2)歯科医によるとは思いますが、一般的にインプラントの技術だけでなくよくありますか?

5)問い合わせをした日本の歯科医によると問診をしないと確実ではないが、特に問題なければ、2週間の滞在で、第一施術、6か月後の2週間滞在で、第二施術を済ませるという予定で海外からでも可能との返答でしたが、先生方は、海外からの一時帰国でインプラント施術をするのはリスクが高いとお考えになりますか?

6)日本で施術したインプラントは、その後のアメリカでメインテナンスをする際に不都合が出るとお考えになりますか?

お忙しいところお手数ですが、返答、アドバイスなど、どうぞよろしくお願い致します。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2018-06-30 15:04:41
>1)日本のインプラント施術は本当に遅れているのでしょうか?

「日本の」とひとくくりにするには無理がありますね。

国際的なインプラント学会でも評価されている日本人歯科医はたくさんいらっしゃいます。
歯科医、歯科医で技術の差、知識の差はマチマチですね。


>2)歯科医によるとは思いますが、一般的にインプラントの技術だけでなくよくありますか?

一般的な歯科治療において、アメリカと日本を直接比較するには無理があります。

日本の99%の歯科医は「健康保険」と言う「制約」がある中で診療を行っています。

逆に「自由診療」においては日本人の方が「手先が器用」な感じはしています。
(実際には歯科医によっての差はありますが)


>5)問い合わせをした日本の歯科医によると問診をしないと確実ではないが、特に問題なければ、2週間の滞在で、第一施術、6か月後の2週間滞在で、第二施術を済ませるという予定で海外からでも可能との返答でしたが、先生方は、海外からの一時帰国でインプラント施術をするのはリスクが高いとお考えになりますか?

個人的には高いように思います。

と、いうよりも…

>6)日本で施術したインプラントは、その後のアメリカでメインテナンスをする際に不都合が出るとお考えになりますか?

こちらでしょうね。

保証や責任と言う意味では(可能であれば)施術した歯科医、歯科医院で継続してメインテナンスを受けられる事が望ましいように思います。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2018-06-30 15:29:38
Fujino さんこんにんちは

1)そんなことはありませんよ。
特に東洋人の骨や歯肉はとても繊細なので外国の先生では難しいと思います。

2)質問の意味がちょとわかりにくいですが、個人的には、基本的に日本人は手先が器用なのでトップレベルの先生は世界レベルでもとてもうまいと思います。

5)十分な審査診断ができていれば問題ないと思います。

6)もし、それが心配であれば、世界的にメジャーなメーカーのインプラントを使用していただいたほうが良いと思います。

>信頼のあるメーカーのインプラント

6)の質問にn重なりますが、日本のインプランントメーカではないほうが Fujino さんに向いているように思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: Fujinoさん
返信日時:2018-07-01 09:02:07
櫻井先生、水川先生、

返信ありがとうございました。

1)アメリカ、日本以前に、歯科医の人種よりも歯科医個々の技術手の器用さなどに違いがあるということですね。

済みません。
2)の質問途中の文章が抜けてしまっていました。

2)歯科医によるとは思いますが、一般的にインプラントの技術だけでなく使用されているインプラントの種類などが古いということがありますか?

とお聞きしようかと思いましたが、これもおそらく歯科医によって違うので自分で確認が必要ということですね。

5)、6)施術前の診断、CT撮影の際に問題がおきた場合の対処、メインテナンスなどを十分に話し合いをして、どうずるか決定します。

どうもありがとうございました。
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2018-07-01 09:53:29
>使用されているインプラントの種類などが古い

それは、確かにありますね。
欧米で発売されて1、2年後に日本に導入されることが多いです。

日本の厚生労働省の認可を取るのに時間がかるのも1つの理由かと思います。

また、よく言われているのは、HAコーティングのインプラントは欧米では使われていないのに、日本では売られているといった話からきているように思われます。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: Fujinoさん
返信日時:2018-07-05 11:55:43
専門家からしか聞けないような大変貴重なご意見をありがとうございました。

よくよく検討してみます。



タイトル インプラント施術を日本かアメリカかで迷っています(米国)
質問者 Fujinoさん
地域 非公開
年齢 52歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 抜歯:6番(第一大臼歯)
抜歯:7番(第二大臼歯)
インプラントその他
アメリカ(米国)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日