MTAも使い再根管治療しても治癒しなかった場合は抜歯OR残す?

相談者: ゲンノショウユさん (42歳:女性)
投稿日時:2018-08-02 22:01:15
右上6番にMTAセメントを用いた根幹治療(再治療)をしたのですが、残念ながら治りませんでした。
抜歯をすすめられたのですが、その時は決心がつかずに抜歯しないまま約2年が経過しています。

最近、放ってあるその歯の深部が時々痛むようになり、膿があるような口臭を感じるようになってきました。


約20年前に抜髄と根幹治療をし、その後何度かぶり返したためその都度近医にて根幹治療を行ってきましたが、このままではきりがないと思い、マイクロスコープラバーダムとMTAを常用しデンタルCTも有しているやや遠方の歯科医院へ通院していた次第です。
顎関節が痛くなるほどのラバーダムの張力に耐えつつ、1年ほど通い治療を続けました。

大変丁寧且つ良心的な歯科医院さんだったため、結果は残念でしたが納得はしています。


「MTAは最終選択のため、これで治らなければ抜歯して次の対処を考えたほうが良い」

と言われていたため、先日、別の近医にて抜歯の相談をしたところ、そちらでは

「できるだけ抜歯は避けたほうがよい。
腫れているわけではないので、また被せ物をしてできるだけ使い続けたほうがよい。」

とのことで、抜歯はしてくださらないようです。


どちらが良いのでしょうか?
私としては、口臭と時々感じる痛みも気になりますので、ここは思い切って抜歯してインプラント接着ブリッジなどの次の一手を考えたいと思いますし、何より治りきらない炎症が自分の上顎でくすぶり続けているという状況が気持ち悪くてもう嫌です。

口臭を気にして一日中ガムを口に含み続ける生活もずっと続くと思うと悲観的になります。


ですが、一度安易に抜歯をすると抜歯の連鎖が始まるという恐ろしいお話もありますし、第一大臼歯は特に大切にしたほうがいいとも伺いました。

迷いに迷って困っております。
現時点でどのように決断すればよいのか、先生方の知見・お知恵を拝借したくどうかお願い申し上げます。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2018-08-02 22:41:48
ゲンノショウユ さん。
こんにちは。

右上6番の治療についてお困りのようですね。


あくまで私見ですが
>大変丁寧且つ良心的な歯科医院さんだったため、結果は残念でしたが納得はしています。
>「MTAは最終選択のため、これで治らなければ抜歯して次の対処を考えたほうが良い」
>と言われていたため、先日、別の近医にて抜歯の相談をしたところ、そちらでは
>「できるだけ抜歯は避けたほうがよい。腫れているわけではないので、また被せ物をしてできるだけ使い続けたほうがよい。」
>とのことで、抜歯はしてくださらないようです。

の一連の流れから、抜歯をしてすぐに然るべき形で欠損に対しての処置をするという処置が一番メリットがありそうですし、ご自身としても後悔が少ない選択のように思われます。

もう十分に手を尽くしてあり、かつ劇的な回復が見込めないという状況だと思われますので、今後に目を向けて現状から何が最善か、という視点で選択されればよろしいかと思います。


ちなみに、その遠方にある根管治療をされた歯科医院での抜歯を行う選択はないのでしょうか。
経緯を知らない歯科医師の立場としては、守りに入って、抜かない方が良い、という提案をしてしまいがちな傾向は否めません。

はっきりと自覚されているストレスもあるようですし、なんとか信頼できる先生のもとで抜歯、補綴の処置を検討されても良いのかなと思います。


>ですが、一度安易に抜歯をすると抜歯の連鎖が始まるという恐ろしいお話もありますし、第一大臼歯は特に大切にしたほうがいいとも伺いました。

これについてもおっしゃる通りです、が結局のところメリット、デメリットを天秤にかけて、どの選択が一番、ご自身の価値観に合うか、という選択をしていくことが重要だと思います。

残念ながら、すべての欠点を補う夢のような治療は、私が知る限りではありません。
常に何かを選べば、何かを捨てざるをえないと思います。

また、欠損が新たに生じた場合にも、適切な補綴処置が行われればそう簡単には抜歯の連鎖につながる、とは思えません。


ご参考になれば幸いです。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ゲンノショウユさん
返信日時:2018-08-06 19:21:28
三留先生、丁寧なご回答をどうもありがとうございます!


そうなんです。
私のなかではもう十分に手を尽くして頂いた、現時点でのベストを尽くして頂いたという思いも強く、抜歯する方向で気持ちはほぼ固まっておりました。


>経緯を知らない歯科医師の立場としては、守りに入って、抜かない方が良い、という提案をしてしまいがちな傾向は否めません。

なるほど・・。
そのような事情は想像がつきませんでしたが、確かに経緯を全く知らない初診の患者にいきなり「抜歯をしてください」、と重みのあることを言われても対応に困りますよね。

初めての抜歯なので心理的な抵抗はあるものの、でももうそれを果たす時がやってきたのだと、ますます納得できました。抜歯して次に進む覚悟が決まりました。


>常に何かを選べば、何かを捨てざるをえないと思います。

確かに! 人生にも通じるようなお言葉だと思います。 


再根幹治療をお願いしていた歯科医院はやはり遠方であり、今後長期にお世話になっていくのはあまり現実的でないため、定期検査等も含めて通院し易い近医がよいのかな、と漠然と考えていた次第です。

ですが、また遠方の先生に相談することも検討したいと思います。

本当にお忙しいところどうも有難うございました。



タイトル MTAも使い再根管治療しても治癒しなかった場合は抜歯OR残す?
質問者 ゲンノショウユさん
地域 非公開
年齢 42歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 虫歯、根の病気で抜けた・抜く予定
根管治療の失敗・再治療
MTA
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日