上6番、第一大臼歯のメタルコアのデメリットについて

相談者: ぺいぺいぺいさん (29歳:男性)
投稿日時:2018-08-01 10:02:28
通常銀合金を使用して治療すると思うのですが、銀合金のデメリットはどのようなことがありますか?
歯肉に色が移っていくとか聞いたことがあるのですが、ネットで探してもわからないです。

また金パラを入れてもらうのは、どのようなデメリットがありますか?
また金パラのメタルコア自費になるんでしょうか?

金属は保険でやるので金パラを入れると思います。
まだ根っこの治療中です。


相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ぺいぺいぺいさん
返信日時:2018-08-01 10:03:31
すみません、上の6番です
回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2018-08-01 12:26:02
元々保険点数が抑えられている保険診療で、メタルコアに金パラを使ったら大赤字になると思います。
となると銀合金を使わざるを得ないと思います。

あとレジンコアファイバーポストを使ったレジンコアがありますが、その歯科医院で採用していなければ使えないと思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ぺいぺいぺいさん
返信日時:2018-08-01 15:05:02
赤字とかを無視し、耐久性や歯肉への変色とかは、場合どうなりますか?
回答 回答2
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2018-08-05 23:18:49
十分な歯質があり力のコントロールがうまく出来ていれば、銀合金でも問題ないことが多いでしょう。

支台築造に金パラは保険では使えないでしょうから、もっと銀の配合が多いミロコアになるように思います。
またはレジンコアファイバーポストの組み合わせでしょう。

歯肉への着色は銀の配合が多く、歯茎に接していれば起こりやすくなるでしょうが、十分な歯質が残っていれば問題にならないでしょう。

ケースによるので、しっかり診てくれている先生にお尋ねになるのが一番よいでしょう。




タイトル 上6番、第一大臼歯のメタルコアのデメリットについて
質問者 ぺいぺいぺいさん
地域 非公開
年齢 29歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ メタルコア(金属の土台)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日