[写真あり] 上顎前突で歯科矯正5ヶ月目、歯茎が下がり不安

相談者: mint0521さん (25歳:女性)
投稿日時:2018-08-20 21:27:56
重度の上顎前突で5ヶ月前に歯科矯正を始めました。

3件歯医者を回りましたが、3件とも上の歯を2本抜歯ということだったので1番近くの歯医者にしました。


上の歯(4番目)を2本抜歯し、下の歯はそのままです。
しかし下の歯茎から歯根が出てきてしまっています。
3ヶ月目のときに気がついて歯科衛生士に相談しましたが、矯正ではよくあるから仕方ない、矯正が終わればもう少しマシになると言われました。

しかし今日は下の歯に痛みを感じます。
歯茎も薄くなり、歯根も透けてみえています。
心なしか歯も上に伸びてきているようにも見えます。
このまま歯が抜けてしまうのではないかと不安です。

調べてみると非抜歯矯正ではよくあると書いてありました。
今から下も抜歯に変更しても遅いのでしょうか?
医師が下を抜かない選択をしたのには理由があって下の抜歯ができないからなのでしょうか?


過去にオーバーブラッシングをしていた可能性があります。
この歯茎は仕方のないことでしょうか?
また、改善方法などありますか?

よろしくお願いします。

画像1画像1


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2018-08-20 22:45:48
>重度の上顎前突

オーバージェットがかなり大きかったということでしょうね。
これで下顎も抜歯してしまうと、下顎前歯も同じように下がってしまうため、オーバージェットが小さくならないという診断なのだろうと思います。

今から下顎の抜歯を行ったとすれば、オーバージェットがかなり大きく残ってしまう可能性が高いと考えられます。
また、抜歯を行ったとしてこれら歯頚部が下がっているものが改善するかといわれれば、少なくともそういった経験はありません。

したがって、下顎の抜歯をすることは、あまりお勧めできるものではありません。


もともと叢生などがあれば、その部分の骨は薄いため、このように歯頚部が下がってしまうということは時として起こります。
臨床歯冠が長くなったようにもみえるでしょう。

オーバーブラッシングの影響はないとは言えませんが、もともとの骨が薄かったというほうが大きいでしょう。


もっとも、このように歯頚部が下がってきた歯だとしても、それですぐに抜けてしまうということはありません。

今後のメインテナンス次第で、ほかの歯と同様に十分に使っていくことはできるでしょう。
特に、歯頚部について、やわらかい歯ブラシで丁寧に行っていただければと思います。

回答 回答2
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2018-08-21 09:51:49
こんにちは。


下の前歯部分にガタガタがあったのではないでしょうか?
ガタガタがあったものをなくすようにレベリング(ガタガタをとりあえず揃える事)を行うと歯茎はいったん薄くなります。

フレアアウトした状態になるからです。
その後治療が進めば少し良くなります。
そして最終的に力の安定する位置に落ち着かせます。

これがよく行われている矯正手順になります。


最近はレベリングを先に行わない方法もあります。

色々な方法があるのですが治療が最後まで終わらなければ最終形態は決まらないでしょう。




タイトル [写真あり] 上顎前突で歯科矯正5ヶ月目、歯茎が下がり不安
質問者 mint0521さん
地域 非公開
年齢 25歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯列矯正の治療法
歯列矯正のトラブル
その他(写真あり)
上顎前突(出っ歯)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日