? 歯列矯正開始後に外科矯正に変更したくなった場合(海外)

歯列矯正開始後に外科矯正に変更したくなった場合(海外)

相談者: Alpenさん (28歳:女性)
投稿日時:2018-09-08 00:37:13
初めまして、私Alpenと申します。
私は現在、かみ合わせを正すために海外でワイヤー矯正治療中(8か月目)です。


私はディープバイトで顎が無いため、矯正治療開始前に、担当の医師から「顎矯正手術を含めた治療」を行うか、又は「歯並びのみを治す治療」どちらにしたいかと聞かれました。
その際、担当医師からは、

「本当は顎矯正手術を含めた治療が理想的。」

だと言われました。


私は、来年5月に日本に帰国する都合もあり、治療の時間のことも考え、「顎矯正手術をしない治療」を選びました。

しかし、最近、やはり顎矯正手術を受けたいと思う気持ちが非常に強くなってしまいました。


顎矯正手術を受けることになった場合、帰国後、日本の医師の方に顎矯正手術を行って頂くことは可能なのでしょうか。
あるいは、現在、顎矯正手術を前提にしていない矯正治療を進めているため、顎矯正手術を受けることは不可能なのでしょうか。

御教示頂けたら幸いです。
どうぞよろしくお願い致します。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2018-09-08 07:55:39
一般的に、手術を行う前提の矯正治療と、手術を行わない治療とでは歯の動かし方が異なってまいります。

つまり、手術を行わない方向で治療を終えれば、そのあとに手術を行ったとしてもあまり動かす余地がないだろうということです。


すでに治療を開始されているようですので、お考えのことが可能かどうかについては、担当されている先生にお聞きください。
歯を動かす方向性を代えれば済むということもあるかもしれません。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: Alpenさん
返信日時:2018-09-11 15:49:20
今村様

御返信ありがとうございました。

手術を行うか否かで歯の動かし方が異なるのですね。
次回のワイヤー交換時に担当の先生に歯を動かす方向を変えられるかどうか聞いてみようと思います。
回答 回答2
  • 回答者
伊藤矯正歯科クリニック(名古屋市中区)の伊藤です。



※2013年9月14日までは伊藤和明先生、それ以降は伊藤雅大先生がご回答されています。
回答日時:2018-09-11 16:49:21
解決後ですが…


上で今村先生が回答されているように、手術するしないでは歯を動かす方向が変わります。


それ以外の心配とすれば、手術を自費でするか保険でするかです。

自費の場合は、特に問題ないと思います。


保険の場合は、ルールにのっとった流れがあります。
それが可能かどうかは、それぞれの医院によると思います。

ただ、そのような海外からの転医が可能かどうかは、最終的には所管の厚生局の判断になると思います。




タイトル 歯列矯正開始後に外科矯正に変更したくなった場合(海外)
質問者 Alpenさん
地域 非公開
年齢 28歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 海外その他
外科矯正
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日