抜髄した前歯に拍動痛、様子見になったが悪化しないか?

相談者: ベアbearさん (32歳:女性)
投稿日時:2018-09-15 18:16:39
1か月前より、15年ほど前に抜髄セラミックを被せている上の右前歯に拍動痛があります。
普段はしないのですが、寝る前などに起こります。


かかりつけの歯科に診ていただいたところ
 @歯根にヒビ
 A歯茎炎症
が考えられ@の歯根のヒビの可能性が高いと言われました。
治療はせず、ぐらぐらしてきたら抜歯してブリッジとのことでした。


せめて抜歯の前に少しでも治療してほしいと思い、セカンド・オピニオン歯根破折の接着治療を多く手掛けていらっしゃる歯科を受診しました。

診察結果は、歯根にヒビはないとのことでした。
歯茎に影が広がっており(根元ではなく側面から左右に広がるもの)、そちらが原因なのでファイバーコアを外し、根菅治療をしてくれる歯科に行ってくださいとのことでした。


次に根菅治療をされている歯科を受診したところ、そこまで影は大きいものではないので今は様子を見ましょう、ファイバーコアを外したときに歯根が折れる可能性がある、リスクも高いので痛みが我慢できるのであれば我慢してくださいとのことでした。

痛み自体は我慢できるものです。
ただ、自覚症状があるものを無視してしばらく放置しておいてもいいものなのでしょうか。
影のようなものは膿とも言われたのですが、横の歯に広がるなどの二次被害はあるものなのでしょうか。


どうかご教授ください。
宜しくお願い致します。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2018-09-15 18:26:57
ベアbearさん、こんにちは。

>ただ、自覚症状があるものを無視してしばらく放置しておいてもいいものなのでしょうか。

個人的にあまりお勧めはできませんね。
どんどん悪化してしまう可能性もありますから。


>影のようなものは膿とも言われたのですが、横の歯に広がるなどの二次被害はあるものなのでしょうか。

ほとんどありませんが・・・
極稀に、隣の歯の根の先から出ている神経に感染が及ぶ「上行性歯髄炎」になってしまうこともあります。


根管治療自体は割と多くの歯科医院にて行われていますが、実はそのやり方・成功率には大きく差があります。
根管治療のことを「歯内療法」といいます。
なので、歯内療法専門医の先生に診察していただいては如何でしょうか?

コアの除去が治療するための第一条件ですので、歯内療法専門医の先生であれば上手に外していただけると思います。
ファイバーコアの除去自体は長太いメタルコアよりも簡単です。)


ご参考程度にしていただければと思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ベアbearさん
返信日時:2018-09-18 18:19:50
お忙しいなか、ご回答頂きありがとうございます。

専門医の先生を受診しようと思います。
お助け頂き感謝致します。
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2018-09-18 20:04:11
エックス線写真の黒い影が、歯根先端でなく、歯根の側面に見えられるとのことでしょうか?

いろいろな可能性が考えられますね。




タイトル 抜髄した前歯に拍動痛、様子見になったが悪化しないか?
質問者 ベアbearさん
地域 非公開
年齢 32歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 神経の無い(神経を取った)歯の痛み
根管治療の失敗・再治療
歯根破折
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日