セラミッククラウンの高さ調整時に裏側に穴が開き根が露出

相談者: ダライラマさん (24歳:男性)
投稿日時:2018-09-17 01:04:49
右上1番の前歯が折れた為、神経を抜きクラウンをかぶせました。
その後、噛み合わせた時に下の歯と当たる為クラウンの裏側を削る調整をしていただきました。

確かにかみ合わせに違和感がなくなりよくはなったんですが、クラウンの裏側に小さな穴が開き根が露出していることに気が付きました。

担当の医師にそのことを相談したのですが、虫歯になることはないと思うから、気にすることはないといわれました。


確かに審美性では全く気にならないのですが、神経を抜いた為虫歯になるかがとても心配です。
この医師の言葉を信じていいのでしょうか。

また、他の歯科医を受診したみたほうが良いのでしょうか。


材質はオールセラミックです。
回答をよろしくお願いします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2018-09-17 09:30:49
ダライラマさん、こんにちは。

被せたオールセラミッククラウン咬合を調整した結果、穴が開いてしまったということでしょうか?

正直非常によくない状況です。

特に神経の治療をした後であれば、そういった唾液に晒される所が原因で根の先に膿がたまってしまうこともあります。


私であれば間違いなく作り直させて頂くことになるかと思いますが・・・
その医院での自費の保証がどうなっているかが問題ですね。

無料でやり直してくれるのか、もしくは、再度同じ金額が掛かるのか・・・
それは医院によって大きく変わってきますので、ご確認頂いたほうが良いかと思います。


また、再度金額が掛かってくるのであれば、転院も止む無しかと思います。


ご参考程度にしていただければと思います。




タイトル セラミッククラウンの高さ調整時に裏側に穴が開き根が露出
質問者 ダライラマさん
地域 非公開
年齢 24歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ オールセラミック(陶器の被せ物)
噛み合わせ(咬合)治療
クラウンが割れた・壊れた・欠けた
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日