詰めものや被せものだらけで歯肉下がりがあっても歯列矯正可能か?

相談者: elly-さん (34歳:女性)
投稿日時:2018-10-05 00:37:29
質問をお願いします。

歯科用語?が間違っていたらごめんなさい。
歯列矯正と根元の被せ物について質問をお願いします。


まず根元の被せ物です。
左上1番の2番より…というのでしょうか。
歯茎がやせて若干染みるようになってきました。
まだそこまでではないのですが、歯間ブラシ糸ようじが染みます。

半年ほど前に左下3番の根元が同じようになり、根元に被せ物をしました。
その時は自分の息でも染みるようになってました。
処置後染みなくなったものの歯が長くなったように見え、半年で根元が黒ずみました。

この経験があるからか、左上一番の処置がどうなるか不安です。
やはり、部分的な被せ物なのでしょうか?


歯列矯正についても考えています。
もともと出っ歯で乱杭、4番から5番まで噛み合わせも悪かったんだと思いますが、30歳位までは矯正までは特に考えていなかったです。

ですが、30代前半で二人出産した今、歯の動揺は酷く噛み合わせは以前に増して酷くなっています。
噛み合わが酷くなり、特に起きている時に無意識に歯ぎしりをしてしまい、歯ぎしりしている所が歯が平になってきました。

さ行も言いにくくなってきました。


歯茎もさがり、ガミーフェイスになりました。
上下歯列の中心もとてもずれてしまい、左右同様の強さで噛めないです。

強く当たるのは右側3番か4番なのですが、首から腰にかけての右側の痛みが酷くなってるのもそのせいではないかと思ってきました。
整形や整骨院に通っても、よくならず…

虫歯にもなりやすくなり、また虫歯になると進行が早く、一人目妊娠中期から今まで治療歯医者通いしてます。

結果、この期間で右上3番、左上5番、左下7番をかぶせました。
クラウンというのでしょうか?
詰め物の箇所はたくさん増えました。
左下3番は歯の根元が弱風どころか自分の息でも染みるようになってしまい、根元に被せ物をしました。



このような被せ物だらけでも歯科矯正はできるものなのでしょうか?

相談に行こうと思ってる所は歯科矯正専門なので矯正以外の治療等は全くしていないそうです。
歯周病抜歯や虫歯等も他院でやることになるそうです。


かかりつけにしているところは歯列矯正はしているものの、歯科矯正認定医ではないです。
かかりつけでは、金属アレルギーがある私はできないと言われました。


母親体質の私ですが、母は3人子供を産んで30前半で私を産んでから同じ状況になったそうです。
私が幼稚園の頃に上は総入れ歯だったか、あるいは奥歯以外の入れ歯だった記憶があります。
現在自分の歯は下の前歯4本です。
多少なりとも遺伝はあるのでしょうか…。

子供二人の預け先が決まり次第、また歯科に通おうと思いますが、不安が強く質問させてもらいました。


長文となりましたが、よろしくお願いします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2018-10-05 05:49:33
おはようございます。

> 左上1番の2番より…というのでしょうか。
歯茎がやせて若干染みるようになってきました。
>まだそこまでではないのですが、歯間ブラシ糸ようじが染みます。

おそらく知覚過敏だと思います。

象牙質知覚過敏症 http://yamadashika.jp/prevent08.html#a014

>半年ほど前に左下3番の根元が同じようになり、根元に被せ物をしました。

楔状欠損コンポジットレジンで修復したのだと思います。

楔状欠損 http://yamadashika.jp/prevent08.html#a013

>処置後染みなくなったものの歯が長くなったように見え、

むし歯になりたくないという思いで歯肉もろともゴシゴシ磨いていたため歯肉を擦りすぎて歯肉がすり減って歯根が露出して歯が長くなったように見えるのでしょう。

歯が長くなって様に見える症例 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3537

この状態で歯磨剤を使っていると中に含まれている研磨剤で歯がすり減ってきます、これが楔状欠損です、歯磨剤をやめることです、使わなければこれ以上歯がすり減ることはありません。

良かれと思って一生懸命やっていることがかえってあだになっているのです、歯磨剤による一種の薬害です。

歯肉の退縮 http://yamadashika.jp/prevent08.html#a012

>半年で根元が黒ずみました。

ステインではないでしょうか。

ステイン http://yamadashika.jugem.jp/?eid=39

>この経験があるからか、左上一番の処置がどうなるか不安です。
>やはり、部分的な被せ物なのでしょうか?

同じような処置になると思います。

虫歯にもなりやすくなり、また虫歯になると進行が早く、一人目妊娠中期から今まで治療歯医者通いしてます。

甘党でお菓子を食べすぎていたように思います、お菓子は一日一種類一個にしましょう。

むし歯のできないおさとうの量 http://yamadashika.jp/prevent05.html#02

おさとう3本分クイズ http://yamadashika.jp/prevent09.html

>このような被せ物だらけでも歯科矯正はできるものなのでしょうか?

一工夫必要かもしれませんがおそらくできると思います。

歯周病抜歯や虫歯等も他院でやることになるそうです。

歯周病とむし歯は治しておかなければなりません、そして再発しないよう自己管理のすべを身に着けてください、「お菓子の食べすぎをしない」「磨こうと思えば磨く技術がある」この二つです。

毛先磨き http://yamadashika.jp/prevent08.html#kesaki

>かかりつけでは、金属アレルギーがある私はできないと言われました。

金属の装置は使えない可能性があります。

私が幼稚園の頃に上は総入れ歯だったか、あるいは奥歯以外の入れ歯だった記憶があります。
現在自分の歯は下の前歯4本です。

大の甘党だと思います、お菓子大好きではありませんか、おそらくおさとうの過剰摂取でしょう。

WHOの糖類摂取量に関する新ガイドライン http://yamadashika.jp/prevent05.html#03

>多少なりとも遺伝はあるのでしょうか…。

遺伝ではなくて家族ですからお母さんの食習慣はそのまま身についたのだと思います、家にいつもお菓子があって小さいころから食べる機会が多かったのではありませんか。

むし歯を作らない子育て http://yamadashika.jp/prevent.html#01

お口の中に歯多々問題がありそうです、それをひとつひとつ解決してから矯正治療を始めないと治療中にまた問題が起こりそうに思います。

お子様とご自身のためにお勧めの本です。

食育とむし歯予防の本 http://www.shien.co.jp/act/d.do?id=8548

参考になれば幸いです。
 

画像1画像1

回答 回答2
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2018-10-05 06:25:34
こんにちは。


女性は妊娠出産を機に歯を駄目にする人が多いですよね。

出っ歯乱杭歯という場合の多くが乳歯から永久歯に生え変わる時からの失敗です。
歯を早期に失ってしまった親御さんと顔が似ているねと言われているとご自身もそうなる可能性が高いので、小学生になったら矯正が出来る歯科医院をかかりつけ歯科医院に選んでおく必要があったのでしょう。

そうすれば金属アレルギーになる前に矯正治療はすっかり終わって綺麗な歯並び噛み合わせも良く、虫歯にもならないという当たり前の事が獲得出来ていたはずです。

ご自身にもお子さんがおられるのですから、お子さんには是非そういう歯科医院をかかりつけ歯科医院にしてあげてください。


出っ歯だという自覚がある方のほとんどのケースでは、歯科医が診ると完全な出っ歯です。

第ニ小臼歯から問題があるのではなく全ての歯の噛み合わせに問題がある事がほとんどで、これを矯正治療で治そうとすれば全顎矯正になります。

乱杭歯の場合、歯の生え変わりには順番がありますから、第一大臼歯よりも後に生え変わる第一第二小臼歯前歯特に犬歯歯列から押し出されてしまっている事がほとんどです。
ですからお書きになっている内容には合点がいきます。


顎の発育を上手くさせる事ができなかったのでしょう。
成長期から栄養障害があった事が伺えると思います。

父親や周囲の大人がタバコを吸っていたかもしれませんね。
または遺伝的に栄養障害を起こしやすいかまたは家族の食生活や生活習慣に問題があったかもしれません。


遅くとも小学生低学年で歯並びの失敗はわかって来るのですから、それを放置しないようにする事がこれからの親の努めになって来るでしょう。

ご自身のお子さんには是非矯正の機会を早めに与えてあげて下さい。


歯列から飛び出ている歯はどんどん問題を抱えるようになります。
ですから問題を解決するためには矯正治療をご検討されるのは当たり前だという時代になっています。

金属アレルギーがあるならばインビザラインという全顎矯正も可能なマウスピース型矯正治療法がよいでしょう。
これなら金属は一切使わず矯正治療が出来ます。

日本でもかなり普及してきています。
この治療法には専門医制度はありません。
なぜなら日本の矯正専門医制度を作っている学会ではこの治療法は勉強できないからです。

ですが、出来れば矯正専門医でインビザラインもやっている歯科医院でインビザライン治療を本気でやっている歯科医院を探す必要があります。


この治療法で治すとほとんどの場合小臼歯を抜歯される必要がなくなります。
臼歯の後方移動が得意だからです。

マウスピース型でご自身が着脱出来装置を平均一週間毎に新しいものに変えて治療を進めていくので、歯周病治療中の方でも矯正治療がやりやすいとされています。

従来のブラケット治療のように歯に複雑な構造物を貼り付けませんから、歯磨きが下手な方でも大きなストレスを感じることなく矯正治療が行えます。

歯並びが最終的に整ってくると歯茎のラインは自然に整ってきます。
歯の周りには靭帯があるので歯が綺麗に並べば歯茎も綺麗に整う事になっています。

歯磨きも楽に出来るようになるし知覚過敏でどんどん悩みが深くなる必要もなくなります。
元をちゃんと正す事が必要だと思います。


インビザライン矯正の場合、装置の管理がちゃんと出来てご自身がちゃんと矯正治療の為に努力を行う事が出来れば通院回数を減らすことが可能です。

まだお子さんが小さいのであれば歯科医院通院も大変でしょうから、トラブルが置きにくい治療法を選択されておくとよいかもしれません。
費用も専門医でのブラケット矯正より割安感があるかもしれません。
(専門医の技術料が低くて可能な為)


歯の動揺が起きていると言うことなので、歯周病の治療を先行させる必要があるのかもしれませんから総合的に診てくれる歯科医院を探されるとよいでしょう。




タイトル 詰めものや被せものだらけで歯肉下がりがあっても歯列矯正可能か?
質問者 elly-さん
地域 非公開
年齢 34歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯周病その他
歯列矯正の治療法
知覚過敏
叢生(ガタガタの歯並び)
上顎前突(出っ歯)
マウスピース矯正
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日