1年半前に作製した上顎の義歯の色と隙間について

相談者: ドール7さん (57歳:女性)
投稿日時:2018-10-23 23:15:32
義歯について質問させて下さい。

1 左一番奥、右一番奥、左1番の3つの歯の根が残っている状態で上義歯を作成しましたが、完成直後に、右1番と左1番の間に隙間があり、また左右の1番から3番まであたりの義歯が、下の方が透明になっていました。

要するに白い歯の下の方が、白い部分がなくて透明になっていたのです。 

鏡でみると透明部分が目立ってしまっています。 
これはどう理解すればいいのでしょうか。
一般クリニックではなく大学病院補綴科で処置されたものです。
保険で作成しました。

2 1の上義歯を作成して、約1年半になりますが、その透明部が増してきました。

また左1番の裏がすぐに割れやすくなってしまいましたが、担当医は、忙しいという理由で、3か月以上予約はとってくれませんので、初診科で応急処置をして頂くのですが、それでもすぐに割れてきます。 

上義歯の裏側に針金のようなものを入れてもらったので、今はなんとか割れずに噛めていますが、不快感が残っています。

3 1で述べてように、左右の1番の間に、義歯完成直後に隙間があったので、担当医が、白い材料でその隙間を埋めたのですがそれが黄色く変色してきたのと、いつも歯に何かが挟まっているようで、舌がその場所にあたると、何かが挟まっていて、動いている感じがします。

感覚としては、食事そした際に、歯の隙間に何かがはさまって、つまようじで取りたくなる感覚です。
この不快さは何が理由でしょうか。

4 この上義歯を作成する前にも上義歯を作成したのですが、全くサイズが合わずに使い物になりませんでした。
保険で作成したものですが、結果、一度も使用できずに、義歯代だけ請求され、1の義歯を再度作らされました。 

合わない義歯を作成したのは病院側なのに、患者が義歯代金を負担するのが普通なのですか?

御教示宜しくお願いします。  
 


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2018-10-24 06:41:30
おはようございます。

>1 左一番奥、右一番奥、左1番の3つの歯の根が残っている状態で上義歯を作成しましたが、完成直後に、右1番と左1番の間に隙間があり、

すきまを詰められなかったのか、詰める必要がなかったのかだと思います。

すきまの大きさはわかりませんが、隙間を詰めると歯と歯との間に米粒が挟まったような見栄えになることがあるのでそのように考えたのかもしれません。


>また左右の1番から3番まであたりの義歯が、下の方が透明になっていました。
>要するに白い歯の下の方が、白い部分がなくて透明になっていたのです。 
>鏡でみると透明部分が目立ってしまっています。 
>これはどう理解すればいいのでしょうか。

そういう作り方もあります、理由は透明だと歯肉の色が透けて見えて自然な色合いになるからという考えからだと思います、ご不満があるのでこうしてほしいと伝えたらどうでしょうか。


>3 1で述べてように、左右の1番の間に、義歯完成直後に隙間があったので、担当医が、白い材料でその隙間を埋めたのですがそれが黄色く変色してきたのと、いつも歯に何かが挟まっているようで、舌がその場所にあたると、何かが挟まっていて、動いている感じがします。
>感覚としては、食事そした際に、歯の隙間に何かがはさまって、つまようじで取りたくなる感覚です。
>この不快さは何が理由でしょうか。

周囲軟組織とあっていないからでしょう。


>4 この上義歯を作成する前にも上義歯を作成したのですが、全くサイズが合わずに使い物になりませんでした。
保険で作成したものですが、結果、一度も使用できずに、義歯代だけ請求され、1の義歯を再度作らされました。 
>合わない義歯を作成したのは病院側なのに、患者が義歯代金を負担するのが普通なのですか?

私なら無料で作ります、個人的にはへたっぴーだと思います。




タイトル 1年半前に作製した上顎の義歯の色と隙間について
質問者 ドール7さん
地域 非公開
年齢 57歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 部分入れ歯のトラブル
歯医者への不満・グチ
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日