6本ジルコニアの差し歯にしたが、開口時に引っかかる歯がある

相談者: ミッシイさん (45歳:女性)
投稿日時:2018-10-25 13:53:44
こんにちは。
2年前に右3番から左3番までジルコニアの差し歯にしました。
その中で左の3番が口を開けようとすると引っかかる感じがすると伝え、先生はその場で削って下さり引っかかりはなくなりました。
微調整に出す時にまた色はなおすはずでしたが、多分指示を出し忘れて左3番は白いままくっつけられてしまいました。
その事を指摘しましたら指示は出したけど、気になるならいつでも治せますと言われました。

2年たち、左4番の差し歯が外れやり直し、色を決める時にもう一度左3番の事を伺ってみたら、なおします。
ただ、差し歯を壊すとこからやらないといけないと言われました。
それは土台から直すことでしょうか。
自費根の治療もしていただき、あまり歯自体を傷めたくありません。

すごく目立つという事もないので、賢明な判断をしたいなと考えています。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2018-10-25 14:30:11
差し歯を壊すとこからやらないといけないと言われました。
>それは土台から直すことでしょうか。

一般的に鑑みると、土台はそのままで、ジルコニア冠そのものだけを交換することになるかと思います。

ただ、ジルコニア冠を外す際、また、土台の再形成の際に、大なり小なりの歯の負担になることは、避けられないものと思われます。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
クレア歯科クリニック(杉並区阿佐谷北)の平岡です。
回答日時:2018-10-25 16:57:25
ミッシイさん、こんにちは。

通常は小林先生のお話の内容で間違いないと思います。
一般的には歯の表面に接着剤が残ったりしますので、再度歯を少し削りなおします。

その際、接着剤だけでなく、ご自身の歯の表面、土台の表面も、数十〜数百ミクロン程度は削られると思います。
同じ先生が施術するのであれば、わずかな切削で済むと思います。

それ以外には、外すときに無理な力をかけて歯の根が折れる可能性もゼロではないと思いますが、その可能性は丁寧にやればほぼゼロと考えてよいかと思います。

上記の削る量を、ミッシイさんが、大きいと思うか、わずかと思うかだと思います。

ただ、審美的な理由だけで、機能に問題がないのであれば、やりなおさないに越したことはないと思います。

しかしながら、審美も重要な要素ですので、ミッシイさんがその両者を天秤にかけて、今一度冷静に考えてみてください。

ご参考になれば幸いです。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2018-10-27 16:20:25
こんにちは〜。ミッシイさん
大阪で勤務しているスズキです。

ミッシイさんはやり直しの時に歯に対する負担を気にされているのですね

被せ物は外れないようなセメントでとめてあるはずなので、外す際は壊す必要があり、中の土台や根っこの治療に問題がなければ、小林先生、平岡先生のおっしゃっているように、被せ物をやりかえるだけで可能かと思われます。

ただ、全く歯にダメージが無い訳ではないので、担当医の先生と
よく相談されるといいでしょう。

ご参考になれば幸いです。
             

1人の専門家がこの回答を支持しています  



タイトル 6本ジルコニアの差し歯にしたが、開口時に引っかかる歯がある
質問者 ミッシイさん
地域 東京23区
年齢 45歳
性別 女性
職業 主婦
カテゴリ クラウンの作り直し・再治療
クラウン(差し歯・被せ)のトラブル
ジルコニアクラウン
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日