奥歯の取れた銀歯の歯肉が赤い、慢性炎症について

相談者: ピンクハリネズミさん (30歳:女性)
投稿日時:2018-11-11 20:43:33
今日、奥歯銀歯が取れてしまったのですが、鏡で見てみると、はめていたところ(銀歯の下)の部分のみ歯肉が赤く炎症していました。

休日診療で銀歯をはめ直していただきましたが、歯肉が赤いのは慢性炎症で、深く削られていたところに被せているため直らない、というような説明を受けました。

お聞きしたいのは、口腔がんの原因の一つに合わない銀歯、というのを見たのですが、このような炎症もリスクが高いのでしょうか?

高額ですがセラミックに変えていただけば改善が望めますか?

銀歯をはめてもらった今はもう見えないだけに普段は見えず心配です。
ご回答よろしくお願いいたします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2018-11-12 07:56:43
歯肉が赤いのは慢性炎症で、深く削られていたところに被せているため直らない、というような説明を受けました。

なのに、脱離した銀歯を再装着してしまったのですね。


>高額ですがセラミックに変えていただけば改善が望めますか?

修復物を選択する以前に、歯肉のマネジメントをどうするかが大事かと思います。

歯周病の治療や、予防に力を入れている歯科医院で、ご相談になってみるのも一法かもしれません。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2018-11-12 13:52:26
>口腔がんの原因の一つに合わない銀歯

確かにそういう原因はありますが、歯と離れた頬粘膜や舌に対してこすれるような刺激を与える場合だと思います。
今回のようなケースは関係ないと思います。
それよりもタバコのほうがよほどハイリスクだと思います。

>高額ですがセラミックに変えていただけば改善が望めますか?

歯肉縁下できちんと削ること
きちんと型をとること
きちんと修復物をつくること
きちんとセットすることは大事だと思います。

セラミックの表面にはプラークは付きにくいとされていますが、フィットしていないのであれば、フィットした金属のほうがマシな場合もあると思います。

歯肉が赤いのは慢性炎症で、深く削られていたところに被せているため直らない

これも程度問題であまり深くなければ、歯肉の炎症のコントロールができる場合もあると思います。

小林先生の回答にあるように、歯周病に力を入れた歯科医院がよいかもしれませんね。

1人の専門家がこの回答を支持しています  



タイトル 奥歯の取れた銀歯の歯肉が赤い、慢性炎症について
質問者 ピンクハリネズミさん
地域 非公開
年齢 30歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯茎(歯ぐき)の腫れ
歯茎の異常・トラブルその他
クラウンが取れた・外れた
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日