歯列矯正終了後の差し歯治療と保定について

相談者: xxxさん (29歳:男性)
投稿日時:2018-11-25 13:07:08
こんにちは。

現在、インビザラインにて矯正治療中の者です。

側切歯セラミック差し歯なのですが、矯正治療終了後に、うち1本を作り直したいと考えています。
(差し歯の形を変えたいため)

矯正治療が終わると、リテーナーによる保定期間に入りますが、矯正治療終了後に差し歯を作り直したい場合、差し歯治療期間中の歯の保定は可能なのでしょうか。

具体的には、差し歯治療の前にリテーナーを作ってしまうと、差し歯治療の後に改めてリテーナーの作り直しが必要になってしまうため、リテーナーを作るなら差し歯治療の後になるかと思います。

差し歯の治療期間中にリテーナーがない場合、何かしらの一時的な手段で歯を保定できるのかを知りたい次第です。
(治療期間中に保定が出来なければ、その期間中に後戻りが発生するため、後戻りを発生させたくない場合は、保定期間終了後に差し歯治療をするしかない?)

このような、保定期間中に歯の形の変更を伴う歯科治療をする場合の対応があればご教示ください。

よろしくお願いいたします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2018-11-25 14:57:17
差し歯の形をどれほど変えるのかによると思います。
或いは、最初から、リテーナーを2つ作るつもりで臨むのもありだと思いますよ。
費用については直接、担当医にお尋ねください。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2018-11-25 15:06:07
こんにちは。

リテーナーは何度でも新たな物が作れますから大丈夫ですが、費用は発生するでしょう。

ビベラの場合は割と高額なので、一時的なものは医院でプレスして作製したり3Dプリンターで作製してもらえる場合は多いでしょう。

医院によって設置機材は異なるので、医院に直接お尋ねになったほうがよいでしょう。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: xxxさん
返信日時:2018-11-26 00:46:53
>>藤森先生
ご回答ありがとうございます。

治療前後、リテーナーを複数作るのが妥当そうですね。
ただ、仮歯期間中や、新しい差し歯になってから、新しいリテーナーが完成するまでの一時的な保定の手段はあるのでしょうか。


>>Dr.ふなちゃん先生
ご回答ありがとうございます。

ビベラはすぐには出来ないと思いますので、先生のおっしゃるプレスでの作成等で一時的に保定するという認識でしょつか?
その場合、その仮の保定装置は即日で作成できるものなのでしょうか?
回答 回答3
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2018-11-26 22:33:05
出来ると思いますが、医院によって人手不足では無理ですからね。
ちゃんと誰かが作ってくれるから物ができるのですから、作れる人が他の業務で忙しいならば後日になるかもしれませんね。

医院によって機械も違いますし作れる人が何人いて時間に余裕があるのか?等で違いますから、直接お尋ねになったほうがよいでしょう。

誰かがせっせと働いて作ってくれるから物が出来るのですからね。。




タイトル 歯列矯正終了後の差し歯治療と保定について
質問者 xxxさん
地域 非公開
年齢 29歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ クラウンの作り直し・再治療
保定、矯正用リテーナー
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日