? 硬質レジンでのC5Eブリッジは保険適用か適用外か

硬質レジンでのC5Eブリッジは保険適用か適用外か

相談者: RELAさん (42歳:女性)
投稿日時:2018-12-01 10:19:43
2018年3/23に右下五番をCADCAM冠にしました。

その後炎症が続き三週間に一度のペースでポケット内を洗浄の為通院しています。
それでも良くならず抜歯を考えています。
歯科医と相談済み)

そこで歯科医院では抜歯後の提案として入れ歯インプラントブリッジといわれています。


そこで456ブリッジについての質問です。
5番欠損なので【高強度硬質レジンブリッジ】を保険適用では無理でしょうか?

歯科医院では適用外と言われましたが疑心がありお力添えをお願いします。

五番は笑うと目立つ位置なので白い歯で考えた際、何が一番良いのか候補も教えていただければと思います。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2018-12-01 13:48:02
普通の方は7番が全部残っていないと高強度硬質レジンブリッジはできないと思います。


[上下顎両側の第二大臼歯が全て残存し、左右の咬合支持がある患者に対し、過度な咬合圧が加わらない場合等において、第二小臼歯の欠損に対して第一小臼歯及び第一大臼歯支台歯とするブリッジに使用する場合]

という要件があると思います。


もう一つは歯科金属アレルギーがあり医科からの診療情報提供書があればこの7番の要件が外れると思います。

しかしながら今回は多分クラウンブリッジ維持管理料に関わる二年間の範囲内の可能性が高く、中々主治医が高強度硬質レジンブリッジはやりたがらないかと思います。

2人の専門家がこの回答を支持しています  



タイトル 硬質レジンでのC5Eブリッジは保険適用か適用外か
質問者 RELAさん
地域 非公開
年齢 42歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ ブリッジ治療法
ブリッジの治療費・費用
その他(保険と保険外)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日