虫歯治療後の痛みが引かず抜髄と言われたが避けたい

相談者: mmtaさん (40歳:男性)
投稿日時:2019-01-16 22:50:54
昨年11月上旬に左上5番の虫歯を治療しました。

直後から歯が強烈にしみたので聞いたところ、1ヵ月半ぐらいは様子を見てくださいとのことでした。

年末に冷たいものだけではなく温かいものでもしみだしたので年明けに受診、消毒らしきものをして頂き、知覚過敏用の歯磨き粉で歯を磨き始め、少し良くなったと思いきや1週間ほど前から飲食していなくてもズキズキし始めました。

特に飲食後が酷かったです。
それも下の歯がズキズキするので恐らく歯痛錯誤かと思われます。

そして今日受診したところ治療した銀歯を外して診察してもらい神経までは行っていないので鎮静剤を塗布し仮の蓋をして終了、痛みが引かない場合は抜髄と言われました。

私としては神経は抜きたくありません。
現状麻酔が切れたぐらいからズキズキし始めました。

鎮静剤はこれから効いてく可能性はあるのでしょうか?
おそらく歯髄炎かと思われますが歯髄温存療法や歯髄回復療法は有効なのでしょうか?


回答 回答1
  • 回答者
細見歯科医院の細見です。
回答日時:2019-01-17 09:16:26
不可逆性の炎症を起こした歯髄はいずれ歯髄壊死から歯髄壊疽に至ります。
感染根管になれば治療の成功率も下がります。

自発痛が強いようなら感染根管になる前に抜髄をされる事も御考えになってはどうでしょう。

3人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2019-01-17 14:22:44
もし神経の温存を強く希望されるのでしたら、昨年11月の治療前に歯科医院選びを慎重にされ、その上で、予めその希望を伝えた方が良かったように思います。




タイトル 虫歯治療後の痛みが引かず抜髄と言われたが避けたい
質問者 mmtaさん
地域 非公開
年齢 40歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 虫歯治療後の痛み
根管治療その他
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日