マウスピースを使った歯列矯正の装着時間

相談者: たろ さん (40歳:男性)
投稿日時:2019-02-23 22:46:06
私は上前歯の右1と左1の間に2mm程、右1と右2および左1と左2の間に1mm程の隙間が空いております。
前歯だけ他の歯に比べて2mm程長いです。


かねてより目立たない方法で矯正したいと考えておりましたところ、マウスピースによる矯正方法があることを知りました。

マウスピースの着脱が自由とのことでしたので、仕事中はマウスピースをはずしておいて、自宅にいる間はつけておくことも可能かと思いましたが、そのような運用方法で矯正は可能なのでしょうか?


ご回答のほどよろしくお願い致します。


回答 回答1
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2019-02-24 00:33:10
こんにちは。

矯正治療は持続的に矯正力をかける事で歯を動かしますから使用される時間が短すぎると歯は動きません。

使用時間の目安はインビザライン治療では22時間程度で、出来ればお食事と歯磨きの時以外ははめて更にしっかりチューイー等のゴム様の物を噛むように指導されると思います。


間欠的な矯正力では、一時的に歯根膜は圧縮されますが力が長い時間取り除かれるとその間に歯は元に戻り破骨細胞は分散して出現するのみになり、スムーズな歯の移動が叶わなくなる(組織変化が不十分になる)とされていますから痛いだけで思ったように歯が動かず治療が進まないのではないかと思います。

2人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: たろ さん
返信日時:2019-02-24 18:09:53
Dr.ふなちゃん先生

ご回答いただき誠にありがとうございます。
一日22時間程度の着用が必要とのこと、承知いたしました。


また新たな疑問なのですが、1週間のうちで2日ほど22時間着用するような使用法でも、やはり意味はありませんでしょうか?

どうぞよろしくお願いいたします。
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2019-02-24 18:17:01
>たろさん、こんにちは。

>新たな疑問なのですが、1週間のうちで2日ほど22時間着用するような使用法でも、やはり意味はありませんでしょうか?

ないですね。
矯正治療は常に後戻りとの戦いです。

1週間のうち2日しか使用していなければその2日の努力は残り5日の怠慢ですべてが無に帰すと思います。
マウスピースのみではありませんが、指示通りの使用をしなければ本来の効力は残念ながら得られません。


ご参考程度にしていただければと思います。

2人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: たろ さん
返信日時:2019-02-25 20:03:34
三木 雄斗先生

ご回答いただきありがとうございます。
承知いたしました。

歯の裏側での矯正等、別の手段を検討したいと思います。



タイトル マウスピースを使った歯列矯正の装着時間
質問者 たろ さん
地域 非公開
年齢 40歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 歯列矯正の治療法
マウスピース矯正
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日