歯列矯正のリテーナーはマウスピースタイプを選びたい

相談者: しろーさん (16歳:女性)
投稿日時:2019-03-11 15:29:54
こんにちは。

2年前から歯列矯正の専門医のもとで歯列矯正を始めました。
あと一ヶ月ほどでブラケットが外れる予定です。

そこで、リテーナーについてなのですが、私はどうしてもマウスピースタイプのクリアリテーナーが使いたいです。

部活で金管楽器を吹いていて、歯の表面や裏に凹凸があると非常に演奏しづらいからです。
矯正中もとても吹きづらく、やっと矯正が外れて吹きやすくなると思ったので、リテーナーは演奏しやすいものにしたいのです。

しかし、私がかかっている歯科では先生がリテーナーを決めており、スプリングリテーナーを使用することになっています。

「リテーナーの種類について相談していいですか」

と聞いても、

「そういうのはしてないので」

と、まず意見を聞いてさえくれません。

なぜスプリングリテーナーを使うのかも教えてくれず、とても納得できません。

この場合、今かかっている歯科に無断で、他院でクリアリテーナーを作ってもらっても良いのでしょうか。
演奏中(1日3時間弱)だけでもクリアリテーナーがつけたいです。

よろしくお願いします。


回答 回答1
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2019-03-11 15:44:16
こんにちは。

矯正治療は行った歯科医保定も責任を持つことになっていますから、残念ながら無断で他院で作製してもらうことはできないでしょう。

もしも引き受けて作製してくれる歯科医院があったとしても、その場合矯正治療は誰が責任をもつのか?という問題が生じます。
そのため両方の医院で、どちらも今後のことについて責任を持ちませんという内容に署名することが必要になったりして、お困りになられるのではないかと想像できます。

矯正治療は動的矯正治療も大切ですが、その後の保定期間ももっと大切です。
ですからできるだけおかかりになっている歯科医の指示に従っていただくことがよいと思います。

保定期間はたいてい2年くらいでしょう。
その間の歯の動きを確認したり、その間にしっかり咬合するように誘導しておいたり、色々なことを組み込んでいるはずです。
まだ治療中だと思って、しっかり使用法を守っておくことが必要でしょう。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: しろーさん
返信日時:2019-03-11 16:25:24
丁寧なご回答ありがとうございます。

なるほど。
保定期間には後戻りを防ぐ以外の意味もあるのですね。

私のかかっている歯科では今まで治療についての説明が乏しく、自分が何のためにどんな装置をつけているのか全く分からないなあと思っていましたが、今回の一件であまりに訳がわからなくてとてもガッカリしました…
船橋先生のご回答で少し納得がいきました。

非常に残念ですが、主治医に従おうと思います。

もし可能でしたら、スプリングリテーナーでなくてはいけない理由として考えられるものを教えていただけませんか。

私がそれに当てはまるとは限らないのは承知ですが、主治医から説明を受けられないので、お願いします。
回答 回答2
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2019-03-11 16:36:02
上下の噛み合わせ面を覆っていないタイプのリテーナーは、保定期間を利用して緊密な咬合を、自然に獲得させる微調整期間の為の装置という意味合いがあることが多いでしょう。

前歯は崩さず奥歯はよく噛ますというイメージでしょうか。
意味がある装置ですから、指導に従って使用されることが大切でしょう。

特に金管楽器等の吹奏楽をされていると、前歯の後戻りが生じやすいので、使用時間は厳守されたほうがよいでしょう。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: しろーさん
返信日時:2019-03-17 21:11:54
ご返信ありがとうございます。

噛み合わせを完成させる装置なのですね。
嫌でもサボらず使用しようと思います。
ご回答ありがとうございました!



タイトル 歯列矯正のリテーナーはマウスピースタイプを選びたい
質問者 しろーさん
地域 非公開
年齢 16歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯医者への不満・グチ
保定、矯正用リテーナー
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日