[写真あり] 連結冠の片方を抜歯した後 ブリッジかインプラントか?

相談者: tasitakaさん (41歳:男性)
投稿日時:2019-03-18 13:51:30
はじめて質問させて頂きます。

※背景
・2本連結した差し歯である左右上1番のうち、右1番を抜歯しました(10日前)

・右1番に歯根破折が認められるとのことで、初診当日に抜歯されました。

・5年ぶりの歯科受診の為、予備知識も乏しい状態で突然抜歯されましたが、今となっては他の方法や事前説明を丁寧にした上で抜歯すべきでは無かったのか?(抜歯後の次回の診察にて抜歯したため、インプラントブリッジ入れ歯になると説明あり)等不満は募りますが、抜歯した歯は戻らない為、治療を検討しなければなりません。


※治療方針に関して

歯科医からは右1番を1本インプラントするか?左1番右1番右2番でブリッジするか?(入れ歯は自身で選択肢から除外)を1ヶ月程度の間に検討してほしいといわれています。

・ブリッジをする場合左1番の歯根治療も必要であり、左1番と右2番の状態によってはブリッジできないかもしれないと言われています。

・抜歯時の経緯も不満があり、セカンドオピニオンを仰ぐために近々複数の歯科に相談を予定しています。
(その後の転院も想定し相談先検討中)



※質問事項

・インプラントとブリッジを比較した場合、一般的なメリット、デメリットは理解した上で、現時点ではブリッジを選択し5年後(ブリッジの寿命により、もっと短期間かも)にあらためてブリッジを継続するかインプラントするか?を判断したいと考えておりますが、そのような選択はおすすめされますでしょうか?

・インプラントとブリッジを比較した際に個人的にネックとなるのが治療期間の長さです。
半年以上今の状態を継続するのはとても耐えられません。

左右1番は連結した差し歯の為、インプラントにしてもブリッジにしても左1番のクラウンは再作成になるとの認識です。
ブリッジにすると右2番の処置は必要となりますが、一旦ブリッジを選択し1年程度の期間内でインプラントをするような治療はあり得ますでしょうか?
(インプラントの実施を前提に短期的にブリッジを選択する)

インプラント治療期間の自身への負担(ストレス)軽減の意味合いが大きいです。



※写真補足
・添付写真は抜歯前の診察写真です。

・X印が抜歯した歯のクラウンです。
連結した差し歯のため、現在は左1番の歯根で左右1番のクラウンを支えており、簡易固定をしているものの極めて不安定で不快な状態です。 
  

画像1画像1


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2019-03-18 16:45:22
tasitakaさん、こんにちは。

・そのような選択はおすすめされますでしょうか?

お勧めしません。
虫歯になったから〜歯が割れたから〜という事であれば分かりますが、敢えて今一時的にブリッジにして、抜歯部位の骨が少なくなってからインプラントにするとなると、場合によっては骨を増やしたりする手術が必要になり、難易度が上がってしまう可能性が高いと思います。


・一旦ブリッジを選択し1年程度の期間内でインプラントをするような治療はあり得ますでしょうか?(インプラントの実施を前提に短期的にブリッジを選択する)

あり得るかどうかで言えば、あり得ますが・・・
インプラントを選択しても、ブリッジを選択しても部位的に仮歯くらいは作ってくれると思いますよ。
(先生によって考え方が異なりますので、一応仮歯についても事前に質問されたほうが宜しいかと思います。)


あと、申し訳ありませんが、質問よりも何よりも気になるのが・・・
※写真補足 で書かれている×は左上の1番ですが、抜歯したのは間違いなく右上1番ですか?


ちなみに、治療に関して、主治医とコミュニケーションがしっかりと取れないと困りますので、もし転院するのであれば質問をしやすそうな雰囲気の医院を選ばれたほうが宜しいかと思います。


ご参考程度にしていただければと思います。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2019-03-18 17:12:10
抜歯されて時間が経てば経つほど、そこは骨も歯茎も痩せてボリュームがなくなります。

直ぐにインプラントにされるとしても、顎堤の生理学的な変化は止められませんが、早い方が顎堤を再建する処置が小さい処置で済む可能性が高くなります。

逆に言えば、痩せてなくなってしまった顎堤を再建させてインプラントにされる方が、大きな処置になる、と言うことです。


前歯へのインプラント治療は、非常にハイレベルな処置になりますので、担当医の選択は慎重に為された方が良いと思います。

ブリッジで行かれるなら、10年は使えるようにチャンと治していただけることと、ある程度顎堤を保っていただけるように処置していただくこと、をお勧めします。


それにしても、初診で直ぐに抜歯と言うのは少々驚きました。

次の処置、ブリッジとかインプラントとかの相談と、治療方針の決定がなされてないうちにそうなってしまったんでしょうか?

次のこと、後々のことを考えずに、やり直しの効かない処置をされるのは、如何なモノかな?と思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: tasitakaさん
返信日時:2019-03-18 17:16:14
三木先生

回答ありがとうございます。


・そのような選択はおすすめされますでしょうか?
お勧めしません。

 →ブリッジが寿命を迎えて何らかの処置が必要となったらインプラントも含めて対応を検討したいと考えておりますが、それでもお勧めされませんでしょうか?


>あと、申し訳ありませんが、質問よりも何よりも気になるのが・・・
>※写真補足 で書かれている×は左上の1番ですが、抜歯したのは間違いなく右上1番ですか?

 →アメリカ式(Universal system)の呼び方で記載しておりました。(それが一般的かと勘違いして)
  Zsigmondy & Palmer systemでしたら、ご認識の通り左上一番です。
 
  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: tasitakaさん
返信日時:2019-03-18 17:42:36
松元先生

回答ありがとうございます。

コメント頂いた通り、インプラントするなら早い方が良く、ブリッジするならある程度の長期間使えるようにと考えております。


**************************

>それにしても、初診で直ぐに抜歯と言うのは少々驚きました。
>次の処置、ブリッジとかインプラントとかの相談と、治療方針の決定がなされてないうちにそうなってしまったんでしょうか?

 → その通りです。
抜歯する際に次の措置に関する具体的な話はありませんでした。

抜かなければならないので抜いた後の処置は今後時間を掛けて考えましょうという話はありました。
その場ではよく理解できませんでしたが、今後時間を掛けて考えるという意味は後から理解しました。

抜歯したら歯茎の自然治癒を待つ時間がありますので、その間に治療方針を決めましょうという意味であったようです。



>次のこと、後々のことを考えずに、やり直しの効かない処置をされるのは、如何なモノかな?と思います。

 → 私もまったく同じ事を考えています。
抜歯して貰うために診察に行ったのではなく、抜歯された歯の歯茎から歯の欠片のようなものが小さな異物があったのでそれを除去してもらうために診察を受けたところ歯根断折で抜かなければならないので今抜きますと。

冷静に考えれば考える程、異常な対応かと思います。
診察時は痛みも全く無く、小さな異物の違和感があっただけです。

初診のその日に抜歯をしなければならなかった理由は私には理解できません。
明らかに説明が足りない状況でのやり直しの出来ない処置に憤りを覚えていますが、結局何をしても言っても、歯は戻りませんので、現実的な選択肢に関して先生方に質問させて頂いている状況です。
回答 回答3
  • 回答者
メイクスマイル歯科(東京都文京区)の森田です。
回答日時:2019-03-19 11:20:20
tasitakaさん、こんにちは。

初診当日に抜歯され、お困りのことと思います。

抜歯部位をブリッジにするか、インプラントにするかは悩ましい問題です。

連結していたのに左右上1番のうち左上1が破折してしまったわけなので、ブリッジまたはインプラントのどちらで治す場合でも、咬合状態と咬合力をよく確認した方がその後のトラブルがないように思います。

噛み合わせの状態によりますが、咬合力が強いようでしたらブリッジよりインプラントの方が良いのかもしれません。

参考になれば幸いです。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: tasitakaさん
返信日時:2019-03-19 11:54:06
森田先生

コメントありがとうございます。

咬合力等考慮すると総合的にはインプラントの方が良いかなと考えています。

しかし、治療期間が長い事、前歯のインプラントが難易度が高いこと等考慮するとブリッジで対応できるのであればブリッジで、不可であればインプラントという方向で検討しております。

抜歯の経緯もあり、現在通院している歯科には不信感しか無く転院を前提にしております。
回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2019-03-19 17:47:40
考え方が逆だと思います。

ブリッジは、できないと言うことはないでしょうが、インプラントは状況によっては非常に難症例で、と言うことがある、と思います。

ブリッジで良い、と考えられているなら、その方が早く歯が入ると思います。


ただ、顎堤の変化、委縮は、受け容れていただくしかないと思います。

ブリッジなら、将来的にブリッジごと悪くなってしまうかも知れない、と言う弱点もあります。


どちらにしても、一長一短ですので、納得できるように良くお考え下さい。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: tasitakaさん
返信日時:2019-03-19 18:09:24
松元先生

コメントありがとうございます。
知見をお持ちの方のコメントは非常に助かります。

ブリッジは、できないと言うことはないでしょうが、インプラントは状況によっては非常に難症例で、と言うことがある、と思います。

 →抜歯した歯科医歯科助手兼トリートメントコーディネーターのコメントを鵜呑みにしておりました。
(歯科医と歯科助手兼TCによると両脇の歯の状態によってはブリッジは出来ないかもしれない、インプラントであれば両脇の歯の状態に影響されない為、問題無くできる)
  

>ブリッジで良い、と考えられているなら、その方が早く歯が入ると思います。

 →ブリッジのデメリットは理解した上でブリッジを前提に検討します。
  

コメント頂きありがとうございます。
 
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: tasitakaさん
返信日時:2019-03-25 11:53:14
コメント頂きました皆様

こちらで相談後、皆様のコメント内容もふまえ複数の補綴専門医(噛み合わせ含む)の診察を受け、保険外ブリッジで治療することにしました。

ありがとうございました。



タイトル [写真あり] 連結冠の片方を抜歯した後 ブリッジかインプラントか?
質問者 tasitakaさん
地域 千葉
年齢 41歳
性別 男性
職業 会社員(管理職)
カテゴリ 歯のひび割れ、破折で抜く予定
抜歯:1番(中切歯)
インプラント治療法
ブリッジ治療法
その他(写真あり)
クラウン・被せ物の連結(連結冠)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日