[写真あり] 右上6番をダイレクトボンディング後から咬合不調

相談者: うさコアラさん (36歳:女性)
投稿日時:2019-03-17 19:04:03
歯科衛生士です。

自費専門医で、右上6をダイレクトボンディングしてから、バイト高すぎて、さらに舌を咬むと言ったら、咬合調整時何度か、激痛だったので歯も削ってしまったと思われます。
以前からずっと舌に圧痕はあったのですが、それ以来全く無くなったので、口蓋削り過ぎた気がします(*_*;

それ以来、咬合時右上2、3あたりが衝撃的に強く当たるようになりました。クラックが深く入りそうで怖い位です。


自分で咬合紙で接触点をみたら、近心舌側咬頭1点しか当たってなく、そこが当たると軽く上下傷むようになりました。

今まで数点で接触してたのが、1点になると歯に負担かりますか?
それで上下痛む事はありますか?

接触点は多い方が安定しますか?


低いと伝え、レジンをもりたしてもらったんですが、前歯の当たりは改善しません。

自分で石膏模型作ってみてみたら、遠心口蓋咬頭付近が削れちゃってて、対合歯から2、3ミリ隙間があるように思うのですが…

ここを接触させるよう盛れば前歯の衝撃的な当たりは改善しますでしょうか?


画像1画像1


回答 回答1
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2019-03-17 21:41:04
こんにちは。
模型を一面から見ても分かりにくいので疑問をお感じであれば、おかかりになった歯科医に直接お尋ねになってはいかがでしょう?

咬合調整の時激痛がしたというのはなぜなのでしょうか?


〉接触点は多い方が安定しますか?

臼歯咬合接触は一点ではないほうがよいでしょう。
特に第一大臼歯のようですから、問題がない歯であればもっとしっかり噛ませてもよいように思います。


ダイレクトボンドでは難しいかもしれませんから、模型がせっかくあるのでしたらそれにワックスアップしてもらいガイドを作って盛る等工夫してもらった方が早く確実に目的を達成しやすくなるかもしれませんね。

せっかくの自費治療であればおかかりの歯科医に工夫してもらうとよいでしょう。
持ったり削ったり色々できるので上手く仕上げてもらうとよいでしょう。


ご不自由があるのでしたら上手に頼んでみて下さい。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: うさコアラさん
返信日時:2019-03-22 00:21:53
ふなちゃん先生、回答して頂きありがとうございます!


担当医に、右上6をやってから、前歯が強く当たるようになったと伝えたら、治療予定だった右下7を、かなり高くされて(>_<)

「これで前歯も当たらないでしょ」

と言われましたが…


右7番が、寝てる間も四六時中当たり、反対側も咬合出来なく半咬み状態で、千切り野菜など、全て抜けてきちゃって、顎も疲れて最悪だった事があって…

そんな事したら、咬合のバランスも悪くなると思うのですが、どう思いますか?
そんな方法ありますか??
理解出来なく疑問におもいます(*_*;

結局右下7の咬合調整したら、今度は左が当たるようになって…
また低くなったのでしょうか?


担当医は、咬合よく分からないと言ってたので、他の先生に模型みして、お願いしようか??迷ってます。
回答 回答2
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2019-03-23 10:15:27
>担当医は、咬合よく分からないと言ってたので、

ダイレクトボンドは保存修復ですから咬合のことをあまり勉強してきていない先生なのかもしれません。

先生がよくわからないといわれているのであればなす術がないのかもしれませんから、別の歯科医に診療してもらうことが必要になられるのかもしれませんね。


盛ったり削ったりできるのが樹脂の治療ですから不調につながらないように修正をお願いしてみてください。

回答 回答3
  • 回答者
歯科医師の松山です。
回答日時:2019-03-25 09:09:06
書かれたことから、想像するのですが、多少なりとも舌突出癖を伴った切端咬合気味の噛み合せではありませんか。

切端咬合としましたが、むしろ開咬に近い要素があり、開咬の要素も、歯槽性(舌癖から)と骨格性(模型写真のモンソンカーブが強いことから)の二つの要素を有している物と思います。


きちんとした、咬合形式の判断がなければ難しいケースだと思います。
矯正学的診断。咬合学的診断を併せ持ってできるような事が望ましいでしょう。




タイトル [写真あり] 右上6番をダイレクトボンディング後から咬合不調
質問者 うさコアラさん
地域 非公開
年齢 36歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ レジン(白いプラスチック)
噛み合わせに関するトラブル
その他(写真あり)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日