歯石とりを6回に分けて行うことについて

相談者: たやさん (33歳:男性)
投稿日時:2019-03-25 13:55:45
虫歯を感じ初めての歯医者に行きました。

小さな虫歯になりかけがあるのと、歯石も溜まってるとのことで歯石も今後取っていくとのことでしたが今後6回に分けて歯石を取るので2.3ヶ月は通院が必要と言われました。

今回の治療は上の歯1/3のみ、虫歯の治療はまた次回以降でした。
下記明細ですが妥当なものなのでしょうか?


以前他歯科で歯石を取った時は確か1回で取っていたので6回に分けて通うのが普通なのかよく分からず、そんなに回数通うものなのかと困惑しています。
歯医者で聞けば良いのかもしれませんが聞きづらく、、

歯医者関係にお勤めの方や詳しい方いらっしゃいましたらご教授くださると助かります。


初診料237
外来環1 23
歯科疾患管理料1回目 100
文 歯管文書提供加算 初回 10
歯科衛生実地指導料1 80
歯周精密検査20歯〜 400
x線パ電402
スケーリング68
P基処 10


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2019-03-25 15:42:06
たやさん、こんにちは。

>妥当なものなのでしょうか?

スケーリングルートプレーニングではなくスケーリングで6ブロックに分けて行うのは私としては少々珍しいですが、別に変ではありません。

むしろスケーリングもブロックごとにしっかりと行うのが本来のあるべき姿かと思いますので、そういう点では非常に丁寧に治療されているように感じます。
(実際の処置時間は5分程度だった・・・などでなければ)

ただ、一応算定自体は妥当かと思いますよ。


ご参考程度にしていただければと思います。




タイトル 歯石とりを6回に分けて行うことについて
質問者 たやさん
地域 非公開
年齢 33歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ スケーリング(歯石取り)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日