[写真あり] 左上4番抜歯、3番が先天性欠損の場合

相談者: q草餅さん (23歳:女性)
投稿日時:2019-04-02 04:48:03
根管治療途中であった上顎左側の第一小臼歯が割れてしまい、殆ど歯が残っていないような状況です。
歯科にてこの歯は残せない可能性が高いと言われました。

その後の治療についてなのですが、私は残せない可能性が高いと言われた第一小臼歯横の犬歯永久歯が生まれつき生えて来ず、先天性欠損となっています。
乳歯は数年前に抜けてしまい4番2番の間に2.3ミリの隙間が空いているだけの様な状況になっていました。


通常第一小臼歯が1本抜歯となった場合、両サイドの3番5番を削りブリッジ治療になるのかなと思うのですが、自分なりに調べてみた所、3番が欠損している場合は強度の問題から2番と1番の前歯も削りブリッジにしなければならないという記載を読みました。

これは先天性欠損の私にも適用される物なのでしょうか?


1番2番の歯は虫歯にもなっておらず健康な歯で、ブリッジにする事によって左側の1〜5番の色や形状が右側半分の前歯と違う不自然な見た目になってしまうのではないかと不安になっています。

自然な見た目にする為に自費治療セラミック等にするとなると5?4本?分で費用もインプラント並に高くなるのでは...と思っており、健康な歯を削らずに済むインプラントも次回の治療で担当医に相談してみようと思っているのですが、こういった場合の治療の進め方について先生方のご意見をお聞かせ願えたらと思っております。


そして、現在4番の歯は殆ど残っていない状態で、3番が無いせいもあり歯がないのが丸わかりでとても恥ずかしく、仕事においても日常生活においても笑う事が出来ずとても辛い状況です。

インプラントにするかブリッジにするかの決断を出す迄の間、前後の歯を削らなくても出来る簡易的な仮歯などを自費でも構わないので作って頂く事等は出来るのでしょうか...。


次回歯科の予約が取れたのが一週間以上先で、頭の中に不安と疑問が沢山の状況です...。

お手隙の際に先生方にご回答して頂けるとありがたいです。
よろしくお願いします。

画像1画像1


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2019-04-02 07:13:51
q草餅 さんこんにちは。

根管治療途中であった上顎左側の第一小臼歯が割れてしまい、歯科にてこの歯は残せない可能性が高いと言われました。

まず歯の温存を考えるのであれば、根の治療の専門家等に診てもらってはどうでしょうか?


もしも抜歯になった場合には、犬歯永久歯先天性欠損で写真のようにスペースがあまりない場合は、少し大きな歯1本の回復のようなスペースのように思います。

治療方法は
1.インプラント
2.義歯
3.削合ブリッジ(2番と5番を削合するなど)
4.歯をほとんど削らない接着性ブリッジ(2番5番に付ける場合と2番または5番だけに付ける場合があります)
などが考えられます。


ブリッジですが、保険適用でなければ2番5番の削合ブリッジも可能ですし、接着性ブリッジで少し削る方法、歯をほとんど削らずにつけるブリッジもあります。

仕事においても日常生活においても笑う事が出来ずとても辛い状況であれば、人工の歯を接着してもらうのも応急処置としてはありだと思います。

回答 回答2
  • 回答者
歯科医師の松山です。
回答日時:2019-04-02 11:10:31
2番が、反対咬合になっているので、ブリッジは少し難しい意味があります。

間が23ミリあれば、インプラントは2本可能なのですが、歯根破折の場合はその部の歯堤がやせ細る可能性が大きく、3番の先天性欠損も歯槽のボリュームが不足がちのことがありますので、診てもらって相談するのが良いと思います。

回答 回答3
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2019-04-02 12:05:29
こんにちは。

犬歯がないと小臼歯に過剰負担が生じますから破折に至ったのでしょうか?大変ですね。
犬歯は骨内に埋伏していないのでしょうか?


側切歯反対咬合ですね。
また、側切歯は歯根が弱いのでそれだけで欠損補綴の一翼を担わせるには無理だろうと考えるのが普通だと思います。

ですから中切歯、側切歯、第2小臼歯は最低でも支台歯にしておくようにブリッジの場合提案されると思います。
しかも冠タイプの方が頑丈でしょう。
それでも10年経てば問題を抱えるようになっているかもしれません。

機能させないと言う事で審美的な問題の改善だけならば接着性ブリッジを最初の選択にしておくということもあるかもしれませんが、長期に問題が起こらないという保証はし難いのではないかと思います。


健康な歯を削らないということならばインプラントが選択肢に上がると思います。
可能なのかどうか?はしっかり検査してもらう必要があるでしょう。


取り外しの入れ歯の場合も歯を削る量は少ないでしょう。
お洒落義歯も多種ありますが、ご年齢的に選択し難いのではないかと思います。
(隣接歯に接する面や大部分の構造が樹脂なので外してお手入れすることが必要ですから)


とりあえず社会生活に困るので何か作ってほしいという場合には、抜歯後すぐからはめられる即時義歯を調整してはめられるようにしてもらうという事も出来るでしょう。

義歯の生活にきっと嫌気がさして最終修復物は固定式の物を選択されることになるのではないかと思います。

周囲の歯が綺麗なのですからインプラントができるならば1番よいでしょう。

回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2019-04-02 13:39:15
上下正中が相当ずれますが、もし許容できるのでしたら、矯正治療のオプションがあるかもしれないですね。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: q草餅さん
返信日時:2019-04-02 19:48:05
先生方、お忙しい中ご回答本当にありがとうございます。


加藤先生、コメントありがとうございます。

私自身もブリッジにしてもインプラントにしても大きめの歯1本の回復での治療が出来たら一番だなと思っております。
治療法の選択肢も提示して頂き大変ありがたいです。

応急処置としての人口の歯の接着というのは、治療法?技術名?としてはどういった物になるのでしょうか。

次回の治療の際担当医に人口の歯を接着して欲しいというだけで伝わるのか不安で、技術名?や伝える際にどういう名称で相談すればスムーズに応急処置をして頂けるか教えて頂けるとありがたいです。




松山先生、コメントありがとうございます。

下の歯の歯並びが悪く2番のみ反対咬合になっています。
反対咬合になっているとブリッジは難しくなるのですね...。
難しくなるというのは、やはり噛み合わせの問題から支えとなる歯の寿命が短くなったりするという事なのでしょうか。

インプラントも歯根破折の場合だと上手くいくかは分からない可能性があるのですね。
知らない事ばかりで教えて頂けてとても助かりました。




ふなちゃん先生、コメントありがとうございます。

やはり反対咬合であったり欠損歯が2本あったりすると1番まで削るブリッジにしても10年も持たなかったりするのですね...。

即時義歯という物があるのですね。とりあえずの応急処置として担当医に相談してみようと思います。



藤森先生、コメントありがとうございます。

矯正治療という選択肢もあるのですね。
正中がズレるのには少し抵抗があるのですが、選択肢の一つとして考えさせて頂きます。ありがとうございます。




先生方に再度質問させて頂きたいのですが、

先生方にお聞かせ頂いた意見を参考にし、本来はインプラント治療を第一に考えるのがベストかなと思っているのですが、来年の2月頃現在住んでいる都内から関西に引越す事が決まっており、治療が長期となる可能性があり、定期的なメンテナンスの為の通院が保証の必須条件となる様なインプラント治療は今の所は控え、

現状としては審美的な問題、なるべく健康な1番2番を削りたくないという思い(5番は少し虫歯があります)、そして歯を大幅に削るブリッジにしても10年以上経つと問題が起こる可能性を考慮し、とりあえずの第一治療として接着ブリッジにしてみようかなと思っております。


引っ越しがあり一年以上の時間の猶予がないままインプラント治療に踏み切るのは、やはり先生方としてもあまり良くはないと思われるでしょうか。

しかし、接着ブリッジにして数年経ってブリッジ箇所が外れる等した場合、そこからインプラントにするとなると、時間経過で更に骨が薄くなったりしてインプラントが出来なくなる可能性が現状より高くなったりする事はあるのでしょうか。


そして、接着ブリッジからインプラントに変更した場合、接着ブリッジを装着する為に少し削った箇所はどういった治療、回復の工程になるのでしょうか。



どちらにしても次回の治療時自分でも担当医に相談し、全国に支店のあるインプラントセンターにも相談に行ってみようと思っているのですが、様々な意見をお聞きしたく、先生方にもアドバイス頂ければと思っております。

お手隙の際にご回答頂けると本当に助かります。
回答 回答5
  • 回答者
歯科医師の松山です。
回答日時:2019-04-02 21:04:05
わたしは、とりはずし式の義歯をお勧めします。

インプラント埋入手術時、インプラント上部構造作成のための型取り時などに、接着性ブリッジは、外さなければならないからです。

脱着、再装着は非常に時間がかかるうえに、不可能に近い難しさがあるからです。




タイトル [写真あり] 左上4番抜歯、3番が先天性欠損の場合
質問者 q草餅さん
地域 非公開
年齢 23歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯のひび割れ、破折で抜く予定
抜歯:4番(第一小臼歯)
その他(写真あり)
歯の数が足りない(先天欠損)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日