? 前歯の再根管治療中、仮歯の作製や追加料金などについて

前歯の再根管治療中、仮歯の作製や追加料金などについて

相談者: なーこんさん (50歳:女性)
投稿日時:2019-04-03 17:59:04
こんにちは。
相談よろしくお願いします。

差し歯前歯2本の再根管治療自費診療にて通院しています。
そこでいくつかの質問がありこちらに投稿させて頂きました。

まず仮歯(その場で作った物)ですが、何の説明もなく連結、希望の形を聞かれないままセットになりました。

セットされた物は以前の差し歯とは形,厚み,が全く違うので好みではない事を言うと、医師の美感覚と患者との相違がある事、歯茎との隙間は歯茎に腫れがある為にわざと離している、形の希望は技工士に言って下さい。
自分は治療が専門で本歯作成は技工士、自分はそれを装着するだけと言われました。

とにかく前歯なので自分的には仮歯とは言え審美的にも満足いく仮歯にして頂けるものと思っていたのですが、本歯までの間なんだから我慢する様にと言われたので、もうそれは自分でもそういうものか、と我慢しています。

そしてクリーニングなどで何回か通院後、根管1回目治療中に膿が出てきたと治療後に説明受け、次回様子を見て芯を入れる所まで終えたいと言われたので、膿が残っていても大丈夫なのですか?と聞いたら、膿は歯茎の血管を通りやがてなくなる、みたいな説明でした。

膿が厄介な場合は切開するとも聞かされましたが・・あれこれ聞くのを嫌がる先生なので納得いくまで質問をする事が出来ない状態です。

自分の解釈では、次回医師が見て、芯を入れられる状態であればセットして根管治療完了。
悪い状態なら切開する。
という事なのかなと。

そして会計の時に、技工士出張料(1時間)がかかる事を初めて聞きました。
初回の時に見積書を書いて貰っていますが、そこに技工士出張料の事は書かれていません。

来て貰うのにお金がかかるのは解りますが、治療が始まってから聞かされるのは驚いたのです。
私は込みの見積もりだと思っていたので。

今まで何度か聞いたのは(治療に入ってからです)、本歯は仮歯と同じ状態に作成するので、仮歯で納得する形に仕上げる。
納得できる形になるまで3回位やり直しする人も前歯だと多くいる。
当然その都度料金は発生しますけど。
と。


長文になってしまいましたが、質問は下記になります。

1.仮歯は好みを聞かれず医師の見立てで装着し、それが気に入らなければ追加料金が普通ですか? 
外した以前の歯の形がとても気に入っていましたが、のちに聞くと、捨てたと言われました。

2.膿が残っていても芯を入れて根管治療終了して問題ないのでしょうか?(1回で取り切れる訳がない!時間かけて血管中で流れていくのだから、と説明されましたが、それならば今まで溜まっていた膿はどうして消えなかったのか・・だから今回治療する事になった訳で・・という疑問です)

3.治療見積書には仮歯代は2本の1回分だけ記載されてます。(見積書は受付が提示、説明をし、これが全てだと聞いています)

本歯を仮歯で合わせていく為に何回も作り直す場合は×回数分、や、技工士料×回数分、の説明は一切ありませんでした。
治療が始まってから、それらを聞く形になりましたが、それは治療に入る前に説明すべき事ではなかったのでしょうか?

見積もり書以外にかかる金額はないと思い込んで医院を決めております。

先生は細かい質問をされるのが不得意のようで嫌な顔されますし、回答も威圧的に感じますので、こちらも質問を出来る限りしたくないと思うようになってます。
正直言って相性が良くないのです。

ですが、治療中ですので、このまま無事に治療終えて本歯完了とするのが理想的ですが、気に入る本歯ができるのか、またそれまで何回やり直しになるのか、とても不安と心配でいます。

4.万が一、根管治療だけ終えてから転院となった場合、現在の仮歯は裏側面の歯茎との境に結構隙間が空いており(爪や舌がひっかかる位)、食べカスが入るのでは?と言う状態ですが、次の歯科医院を探すまで終了した根管治療に影響は出ないでしょうか?(何か月位?)

どうぞ宜しくお願い致します。


ps 最初のカウンセリングについてですが、治療箇所が決まっていたので、どちらでもいいと受付から言われて取っておりませんでした。
事前にもちろん話は出来るし、その都度質問もできると聞いて、それならばとそうしたのですが、それはスムーズではありませんでした。


回答 回答1
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2019-04-03 18:48:41
こんにちは。


1.3.前歯仮歯が気に入らず、更に相性の悪さによるご不満の蓄積がおありなのかもしれませんね。

一般的に根管治療が得意な先生は、歯冠修復が得意かといえばそうではないかもしれません。
歯冠修復は技工士任せの先生なのかもしれず、仮歯をご希望にそわせる為には技工士の出張が追加で必要になったのかもしれませんね。

見積もりは見積もりであり請求書ではないので、治療の途中に追加費用が生じると追加されるのは当たり前ではないかと思います。
それは歯科治療だけではなく、一般的な契約でもよくあることですよね?

例えば家の工事や引っ越しでも見積もりは見積もりで、実際に行っている上で途中から追加料金が発生する事はありますよね??

歯科医からも技工士の立ち会いによる仮歯の調整料が追加で必要になったという説明があったようですから、第三者が聞くと事前説明責任も果たしているように思います。

仮歯の調整に時間と労力を追加する事で、最終修復物の出来がお好みに近づくならば、労力を割いてもらう価値はあるのではないでしょうか?

2.実際にどういう状態の根管状態なのかは、実際に治療をしている歯科医にしかわかりません。

ですから他の歯科医があれこれ言う事はできないのですが、根管治療は感染源にならない程度に根管を機械的清掃と化学的清掃をすることしか歯科医には出来ませんから、そういう根管にしてあげておき病理学的に治されるのは御本人の治癒力になります。

ですから歯科医がお伝えになっている事は、間違ったことでは無いと考えられるように思います。

治癒できるだけの清掃が出来ているのかは、実際に触らなければ確認のしようがないので、その歯科医にしかわからない事だと思います。

4.治療依頼はどこまでされたのでしょうか?

それこそ歯科医側からすれば、根管治療だけで転院されるとは想定外かもしれません。
そのつもりがあるならば、出来るだけ早めに伝えられておくほうがよいでしょう。
トラブルにならないようにしてください。

治療の責任から言えば、出来れば歯冠修復まで行ってもらうのが望ましいでしょう。
途中から変えてしまうと、再度根管治療をさせてくれと言われ再根管治療費を転院先に再度支払う事になるかもしれません。

何故かといえば、実際に根管を触った歯科医にしかどの程度の清掃が出来たのかがわからないから、不安がある根管治療後の歯冠修復はやりにくいからです。

結局、仮歯の調整をきちんとしてもらえれば、ご不安はかなり少なくなるのではないでしょうか?
という事は技工士さんの労力を必要とするという事になるのでしょう。

人に何か専門的な事をしてもらう際に、費用がそれなりに発生してしまうのはしょうがないです。
歯科医に生じた費用を負担させる訳にいかないでしょうというのが回答です。

普通に考えても、仕事時間内に出張して時間を割いて専門的な仕事をしてくれる技工士さんに、無料で働けとはいえない決まりになっていると思うので、追加費用はしょうがないでしょう。

見た目に関わるならば、必要になる費用を追加で支払われ良い仕事をしてもらうことが大切ではないでしょうか?

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: なーこんさん
返信日時:2019-04-05 18:02:06
船橋先生、お忙しい中ご回答ありがとうございます。

追加費用の請求が納得できないのではないのです。
それを言われたのが、後戻りできない状態になってから言われた事なのです。

技工士さん料金など、最初の見積書に記載する必要がないというご回答に感じましたが、歯科医院側からすれば、仮歯で本歯の形を決める事や、前歯は(仮歯)を何度も作り直す人がいるという事は初めからわかっている事です。

そうであれば、これ以外にはかからないですか?と質問した時に、仮歯に追加料金がかかる可能性がある事を最初に聞いておきたかったし、言う必要があったのではと思いますが。

予測不能な事が起きてしまって、仕方なく治療途中で言われるのなら解るのです。
しかし、ほぼ解っていた事を最初に質問していたにも拘わらず、治療中に聞かされるのは不信に感じました。

(そもそも自費の仮歯はもっとキレイだと思っていました。
その場で先生が作り患者の希望を聞かずに作成されましたが、自費でもそれが普通ですか?
技工士さんが仮歯を作成しないのでしょうか?

いつ入るか判らない本歯までの間その仮歯ですから、正直人前で今までの様に笑えず家族からも違いが目立つと指摘される状態で、作り直し希望すれば追加料金。
こだわらない人も居ると言われればそれまでですが、前歯はこだわる人が多いと聞きました・・って事は再作成は先生には想定内ですよね)

今回の治療するにあたり、根管治療が得意である医院を探す事を重要視しましたが、全てが自費となれば金額も高額なので、合計見積りがいくらになるかも当然ながら重要な事で、万単位で違ってくる事なので回数分・技工士料別途、などと明記されていれば誤解なかったと思ってます。

また、これも後から言われましたが、患者の希望通りの形にはできない事があるから(医師の美感覚的に)その時は他を探して下さいと言われました。

私は一番最初の段階から、形はこうしたい(元の差し歯)という事を告げておりましたので、だったらその時に希望通りにはできない(かもしれない)を言って欲しかったです。
根管治療が始まる前に聞いていれば、他を探しましたし、結果的にこんな嫌な思いをしなくて済んだのにと思います。


船橋先生のご意見通り、技工士さんが希望に沿って調整して頂ければ一番良いのですが、すでに医師からそう言われてますので、うまくいかないのではという不安の方が大きく胸中とても複雑です。

1度は技工士さんを呼んで頂いて、どこまで希望に近づけて頂けるか確認するのが良いのかもしれませんが、医師の言い方がとても冷たく威圧的なので、なぜそんな言われ方をしてまでと、悔しくもなっています。



タイトル 前歯の再根管治療中、仮歯の作製や追加料金などについて
質問者 なーこんさん
地域 非公開
年齢 50歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 根管治療に関するトラブル
歯医者への不信感
歯医者への不満・グチ
治療費・費用
仮歯に関する質問・トラブル
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日