? 左上1番の差し歯の噛み合わせ調整で健全な歯を削られた

左上1番の差し歯の噛み合わせ調整で健全な歯を削られた

相談者: ちろくまさん (30歳:女性)
投稿日時:2019-04-19 21:29:41
はじめまして、こんばんは。

お聞きしたいことがあり書かせていただきました。

この前ですが、初めて行く歯医者差し歯を交換するため新しいものをいれていただきました。
上の前歯 左1番です。
先生は大学からきたいつもと違う先生でした。

差し歯をいれるまではよかったのですが、したの歯ががちゃ歯なのもあるせいか、噛み合わせに先生が苦労なされてました。
裏の削りが終わり、次は長さの調整だけだったのですが、その先生はがちゃ歯が当たるのが悪いとおもったのか、関係のない健全な歯を削っていきました。
それのせいで当たるというのです。

その時はそのまま帰ったのですが、家に帰っても歯が変に当たるし隣の歯よりも長くて気になるしでもう一度その日に行き、他の先生に見てもらいました。

結局はちゃんと長さを調整したら、噛み合わせもきにならなくなったのですが、どんどんとなぜ健全な歯を削られたのか、削った意味はあったのか、削るなら差し歯を削るべきじゃなかったのかとモヤモヤした気持ちがでてきました。

なんなら、削られた健全な歯もきれいに削られていなくてガチャガチャしちゃってます。

こういうときは健全な歯をけずるのですか??
差し歯をけずるのですか??
ちゃんと歯医者さんに相談するべきですか??

回答をおまちしております。
よろしくお願いいたします。


回答 回答1
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2019-04-19 22:18:42
こんにちは。
ガチャ歯(叢生)は困りますね。

修復物の形は出来れば綺麗に作りたいと技工士さんは思うものですが、対向する下の歯がガチャガチャしていると綺麗に仕上げるのが難しくなります。

最終的に修復物の長さを削って当たらないようにしてもらったと言うことですが、噛み合わせは大丈夫なのでしょうか?

前歯は顎の運動をする際、ガイドして顎関節を保護するのですが、色々な方向に顎を動かしたり歯軋りしたりしても前歯に過剰負担が来ていないし、妙に空いてもいないという噛み合わせの調整をしなければいけないのですがきちんとできたのでしょうか?

もしもそういう調整が上手く行かないまま睡眠時にギリギリやっていると、差し歯が割れたり欠けたり歯根が割れたり歯茎が下がったりしますからろくな事になりません。

歯科医や技工士側からいえば、ガチャガチャした下の歯は出来れば綺麗に矯正して綺麗に整えておいてほしいというのが多分本音でしょうが、矯正治療保険適用外なので選択されない方は多くおられますから、しょうがなく条件が悪い中でなんとか帳尻を合わせようとする事になります。

ですからガチャガチャしていると完璧な治療は受けにくいと言うことになるのですが、そうも言えませんから必要があれば下の歯を削って調整される事になります。

きっと完璧な治療や噛み合わせの調整にはなっていないだろうし、いつかは不具合が出て来るだろうし、下の歯はの切端はガタついて終わる事になるだろうという事が想像出来ます。


特に新しい冠の素材が違うとよくそういうことがおきます。
前の冠とは同じ素材だったのでしょうか?

〉ちゃんと歯医者さんに相談するべきですか??

すべきかどうかは御本人のお考え次第かもしれませんが、きっと受けられた治療にご不満がお有りなのでしょうから一度いつも診て貰っている先生に診てもらい、ご不満の内容をお伝えになるとよいのではないでしょうか?

下の歯の切端を見た目がガタついていない程度には、削り直してもらえるのではないでしょうか?

回答 回答2
  • 回答者
歯科医師の松山です。
回答日時:2019-04-19 22:20:17
なるべくなら、健全な歯は削りたくありませんね。
差し歯の方で調整すべきですが、咬みあわせのせいで、物理的に無理な事があります。

それは、前歯の咬みあわせが深くて、下顎切歯切端が、上の歯の根元に
食い込むような、歯肉に届きそうな場合とか、奥歯の治療を沢山したために、噛み合せがひくくなり、結果としてやはり食い込むような、あるいは、はまりこむようなときです。

本来ならば、矯正するか、奥歯の咬みあわせを高くして咬みあわせ自体をなおしたいのですが、できないときもあり、苦労するときがあります。

経験をつむと、先回りして、説明しておくことができるようになるのですが、、、。

後からの説明では納得しない人が多いものですから。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ちろくまさん
返信日時:2019-04-19 23:07:24
先生方、夜遅くの質問にご返信ありがとうございます。

直して頂いたときに一応噛み合わせも見ていただき大丈夫そうでした。
ただ、下の歯を削られてしまったからなのか、まだなれてないからなのかちょっと前歯で噛むときに違和感があるきがします。

以前行っていた歯医者さん(20年以上通っていました)がお年の為に廃業してしまい、新しく歯医者さんを変更したので同じ素材で作られているかはわかりかねます。
でも、保険内で作ったのでもしかしたら同じ素材かと思われます。

やはり納得できないことがあるので、次回まだ予約してあるのでその時にお話をさせていただこうかと思います。
必要であればまた歯医者さんを変えようかとおもってます。

がちゃ歯の矯正はお金の問題でちょっとできないので、このままになってしまいますが、大事にしたいと思っています。

お忙しいなか丁寧な説明をありがとうございます。



タイトル 左上1番の差し歯の噛み合わせ調整で健全な歯を削られた
質問者 ちろくまさん
地域 宮城
年齢 30歳
性別 女性
職業 パート・アルバイト
カテゴリ 噛み合わせ(咬合)治療
歯医者への不信感
叢生(ガタガタの歯並び)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日