治療中の嗽や綿栓の根管治療に不信感

相談者: なな777さん (36歳:女性)
投稿日時:2019-04-26 19:50:21
前歯(2番)に下の歯が当たると鈍い違和感があり(痛み、歯茎の腫れ、無し)HPに「根管治療が得意、大学で教えている」と書かれた歯科に予約の上で伺いました。

検査をして頂いた結果は「歯の神経が死んでいる」という事でした。
歯の裏を少し削り、針のような物を指す治療をして頂たいたのですが…


その治療中に5〜6回うがいをするよう言われ、最後に詰める綿を丸める先生の手が素手だった事がどうしても気になり転院も考えています。

先生は良く話を聞いてくださり、治療内容についても丁寧に説明してくださります。
うがいを数回進め、綿についても問題無いようであればこのまま今の医院で見て頂きたいと思っております。


が、素人なりに調べてみると「根管治療中のうがい、素手」は余り良くないのでは無いか?と言う結論に至ってしまいモヤモヤと悩んでおります。


※うがいについて問題は無いでしょうか?

※素手で丸めた綿を詰める事も問題無いでしょうか?


前歯を大切にしたく本当に悩んでおります。
分かりにくい文章かもしれませんがどうぞお願い致します。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2019-04-26 22:10:00
なな777 さん

こんばんは。

悩ましいですね。
良い先生なのでしょうが、前歯を大切に思う程度がどの程度かでしょう。
確実な方法を選択するのであれば、最低でも、ラバーダムというゴムのマスクを用いて治療される先生を選ばれた方が無難だと思います。

治療は上手い下手ではなく、必要なことをやっているか、そこを手を抜いているかで決められた方が良いと思います。



>上前歯(2番)に下の歯が当たると鈍い違和感
>「歯の神経が死んでいる」
>歯の裏を少し削り、針のような物を指す治療をして頂たいたのですが…
>治療中に5〜6回うがい
>綿を丸める先生の手が素手


>※うがいについて問題は無いでしょうか?

治療中に普通、うがいはできません。
ゴムのマスクをしていますので。


>※素手で丸めた綿を詰める事も問題無いでしょうか?

昔ながらの綿栓という手法ですね。
綿の中に細菌が繁殖しやすいのでオススメしません。


以上、悩ましいですね。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: なな777さん
返信日時:2019-04-27 00:12:23
宮下先生、回答ありがとうございます。

先生のHPも拝見致しました。
根管治療についても書いてあり、自分の受けた治療との差に驚きました。

綿を中に入れたままその上に蓋をしてあるのですが、これはこの治療は完了したと言う事なのでしょうか?
別に質問を立てるべきでしたらすみません。

未だ症状は無くならずあるので不安でいっぱいです。
明日にでも別の歯科さんに見て頂こうと思い始めています。
回答 回答2
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2019-04-27 15:59:36
こんにちは。


なな777さんが受診されたのは保険医での保険治療ですよね?

その場合、根管治療にかけられる時間はたいてい決まってしまうように思いますので(収益率が低いため)初回は症状が増悪しない程度の処置しか望めないように思います。
(初診であれば検査も必要でしょうしチェアー占有時間の問題もあるでしょうし・・・)

また感染根管治療の場合、初回に色々やりすぎると症状が増悪することも考えられるでしょうから、緩圧するために綿球にゴム蓋という処置で終わっておくという場合もあるように思います。

つまりは保険治療では一般的に行われがちな初回の治療を受けられたのだと想像します。


ふつう保険治療の感染根管治療の場合複数回の受診が必要ではないかと思います。

その間に徐々に根管の機械的清掃、化学的清掃が進み、最終的に根管充填に至る前段階くらいでやっと完全なシーリングをしてもらえるというイメージで治療は進むのではないかと思います。

低予算の中保険医はそれぞれ頑張って治療を工夫して行っているのが現状でしょう。



自費の根管治療は治療費がまったく異なるので時間も道具も材料も異なりますから、そういう治療を望まれる場合は自費治療で根管治療をお願いされるか、自費専門医で行ってもらうことが望ましいように思います。
その場合はその後の歯冠修復治療等も自費になります。



>先生は良く話を聞いてくださり、治療内容についても丁寧に説明してくださります。

ご不安に感じられたことはがあれば、受けられた治療内容について直接説明してもらうとよいのではないでしょうか?

保険医ではよくありそうな治療ステップ(最初の一歩のようなかんじでしょうか)のように感じました。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2019-04-27 20:50:18
なな777 さん

こんばんは

>綿を中に入れたままその上に蓋をしてあるのですが、これはこの治療は完了したと言う事なのでしょうか?

きっと完了してはないと思います。
普通、治療後には綿は除去します。


>未だ症状は無くならずあるので不安でいっぱいです。

歯がぶつかると痛みを感じる場合がありますので、ぶつかりをまずは無くしてもらって、ゆっくり治療してもらえれば良いですね。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: なな777さん
返信日時:2019-04-28 00:11:02
宮下先生、ふなちゃん先生、こんばんは。

本当に回答ありがとうございます。
とても不安で悩んでいましたので気持ちが楽になりました。


ふなちゃん先生の仰る通り保険治療を受けました。
朝起きてみると症状がかなり軽くなっていた事、保険治療でありながら何分も時間をかけて説明してくださる今の先生が親切な対応をしてくださっている事を実感しました。

実費治療含め今後どうすれば良いのか決めきれませんが、回答を頂けたことに感謝致します。
ありがとうございました。



タイトル 治療中の嗽や綿栓の根管治療に不信感
質問者 なな777さん
地域 非公開
年齢 36歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 根管治療の治療法
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日