銀歯と金歯は併存しているとよくないのか

相談者: ありさかゆうきさん (23歳:男性)
投稿日時:2019-05-08 17:57:37
はじめまして。
現在歯科に通院しており、相談させていただきたいことがあります。

現在、右上4,5と左下7の虫歯治療をしています。
右上5と左下7は、それまで詰めていた銀歯の下から虫歯が再発してしまい、神経まで達しているため、神経の治療をし、これから被せものをする予定です。
また、右上4は、新しく虫歯になってしまいましたが、インレーを入れる予定です。

当初、白い詰め物や被せものにしようと思っていたのですが歯科の先生から、ゴールドを勧められ、その先生もゴールドをしているということから、ゴールドでなおすことにしました。

今回の3本はゴールドで治療する予定ですが、恥ずかしながら虫歯が多く、右上6,7、左上5,6,7、右下6、左下5,6は銀歯の被せものが、左上4、右下5,7には銀のインレーが入っています。
そこで、歯科の先生から、全て金に治した方が長持ちするし、違う金属が入っているのは場合によってはよくない、といわれました。

たしかに、銀歯の下から虫歯が再発したのは今回が初めてではないので、その通りだとは思うのですが、値が張るので迷っています。

今年でちょうど社会人になって二年目ですが、学生時代のように保険に縛られるほど余裕がないわけではないですが、たいしてお金もないなかで、どうすればよいか悩んでいます。
銀歯と金歯が併存しているとはよくないのか、また、銀歯は金歯に比べてどれくらい劣っているのか、変えた方がいいのか、など教えていただければ幸いです。


回答 回答1
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2019-05-08 19:24:10
こんにちは。
金はインレー素材としては優秀ですが、虫歯の修復跡が多かったり2次虫歯になっているのは修復素材だけが原因ではないかもしれません。
お口の中に金属があること自体おかしな話ですし、今は樹脂による接着修復やその延長のセレックハイブリッド等を勧める事も多くなってきているように思います。

天然歯の素材ではない異種素材が混在する口の中は望ましい状態ではないですが、金属は強いのでよく使われます。
同じ素材にしておきたいとお考えでしたらやり変えの治療リスクについても説明を受けられ、順次やり変えをご検討されるようになるのかな?と思います。

おかかりの歯科医とよくご相談してください。




タイトル 銀歯と金歯は併存しているとよくないのか
質問者 ありさかゆうきさん
地域 非公開
年齢 23歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 保険のインレー(銀・金属)
ゴールドインレー(金の詰め物)
お勧めの詰め物・インレー
二次カリエス(2次的な虫歯)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日