前歯のCR着色による詰め替えについて

相談者: かわはさん (41歳:男性)
投稿日時:2019-05-08 10:36:33
前歯のCR着色による詰め替えについて質問です。

5,6年に一度くらいのペースで右上1,2,3番、左上3番のCRの詰め替えをしています。
どれも歯の付け根(歯と歯茎の境部分?)で範囲は大きくありません。

今回で2回目の詰め替えなのですが、やる度に歯を少しづつ削らないといけないと聞きました。
あまり頻繁にやるのは避けた方が良いのでしょうか?

追伸
ホームホワイトニングを定期的にやっており、他の歯が白くなっている分、CR部分の黄ばみが若干目立って見えてしまう感じです。
かなりニッと笑わないと上歯の付け根部分までは見えませんが..。

担当医曰く、例えばラミネートべニアやティーシーズまでするのはオーバーではないかというお話でした。


相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: かわはさん
返信日時:2019-05-08 10:39:16
夫のIDで投稿してしまいました。
私は30代半ばの女性です。
回答 回答1
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2019-05-09 19:00:06
こんにちは。

CRはどうしても経年的に着色しやすくなりますから、セラミックの治療に変える方はおられます。

ただ、普通のラミネートベニアはかなり歯の前面を大きく削りますから、CRの詰め替え時の削除量程度では無理ですから、歯の健康な部位を削るのはもったいないと考えて歯科医は伝えているのでしょう。

ティーシーズは特定の歯科医院が提供している治療の名称ですよね?
ですからその医院に直接お尋ねになるか、または受診してご相談されなければ誰も知らないでしょう。

主にハイブリッドで提供されていたと思いますが、歯面を一層削らなければ厚みが増しますから、やはり削る量はCRより多くなるでしょう。

歯と歯茎の境のつなぎ目や色の変化を、まったく隠してしまおうと思えば薄いベニアを貼り付けるのは有効です。

ベニア治療を選択される方の多くが、CRの継ぎはぎ感に嫌気がさした方になると思います。

>やる度に歯を少しづつ削らないといけないと聞きました。
>あまり頻繁にやるのは避けた方が良いのでしょうか?

極僅かに削る程度でも十分つきますから、経年変化さえ気にならないならば、CRを選択されるという方も多くおられますよ。

ホワイトニングと定期的なCRのやり変えで十分綺麗な方も多くおられますから、よくお考えになって天然歯は大切にされるとよいでしょう。




タイトル 前歯のCR着色による詰め替えについて
質問者 かわはさん
地域 三重
年齢 41歳
性別 男性
職業 教職員
カテゴリ レジン(白いプラスチック)
詰め物、インレーの変色・着色
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日