顎変形症で外科矯正を終えたが、オトガイ部分が長く顎が出ている

相談者: ななお@さん (28歳:女性)
投稿日時:2019-05-11 18:23:07
こんにちは。

わたしは、顎変形症(下顎前突開咬・左右非対称・左偏位)で、2年前にSSROの手術を受けました。

去年10月に抜釘も終えました。

今、リテーナーとなり、3ヶ月に1回、噛み合わせをみてもらいに矯正歯科へ通っています。


そこで質問なのですが、最近、オトガイ部分が長く、まだ顎が出ていると感じています。
(他人にも指摘されるため、確実に出ているとおもわれます)

この場合、もう外科的な治療は終了しているので、美容外科での治療をするしかないのか。

それとも、矯正歯科で再度相談したら、再度手術をしてもらえるのか。


回答よろしくお願いします。


回答 回答1
  • 回答者
歯科医師の松山です。
回答日時:2019-05-12 08:47:33
 ・確実に出ているとおもわれます

本当にそうなのかわからないですよ、手術したところには、術後の頭部X線喜価格写真が残っているはずですから、そこで、現在のものを再撮影して比較確認してからというのが本筋でしょう。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ななお@さん
返信日時:2019-05-12 09:38:47
松山先生、回答ありがとうございます。

次回受診の際に先生に相談してみようと思います。
ありがとうございました。



タイトル 顎変形症で外科矯正を終えたが、オトガイ部分が長く顎が出ている
質問者 ななお@さん
地域 非公開
年齢 28歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 顎関節症
外科矯正
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日