[写真あり] 白い土台+セラミック冠に換えたが歯茎の黒ずみが残存

相談者: erika0506さん (28歳:女性)
投稿日時:2019-05-13 11:20:49
13歳の時に2番目の歯を抜歯し10年間金属の土台差し歯を入れていました。
5年前に金属の土台→白色の土台に替えて、セラミックにさしかえました。
しかし、歯茎の黒ずみは少し軽減されたものの、完全には消えません。
薬剤を塗布するピーリングや、レーザーピーリングも行いましたが大して変化がありませんでした。
おそらく、歯茎の内側が黒ずんでそれが歯に影のように映って黒く見えているかと思います。
このようなメタルタトゥー除去の解決方法はありませんか??

画像1画像1


回答 回答1
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2019-05-13 11:37:59
こんにちは。
金属の中にはイオン化して組織に溶け出し取り込まれ色素沈着してしまうものがあるので、個人の特性によりますが、メタル色が組織を暗くしてしまう場合があります。

お写真からはよくわかりませんが、歯根も色素沈着しているのかもしれません。
しかし、こちらは内部の話なので土台をやり変えた先生しか確認できなかったでしょう。
どういわれていましたか?
歯茎が薄いと内部の色を反映しやすいので上顎の粘膜を取ってきて歯茎を厚くする小手術を行い改善することがあるかもしれません。

周辺歯茎への色素沈着であれば歯茎の一部切除で対応することになるかもしれません。
粘膜の表層を取り除く薬剤ピーリングやレーザーピーリングで効果がさほどなかったのであれば厄介になると思います。

どこの色を反映して黒くなっているのか?について再度どこかの歯科医院を受診されなければ改善されないでしょう。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
メイクスマイル歯科(東京都文京区)の森田です。
回答日時:2019-05-13 20:36:47
erika0506 さん、こんばんは。

歯茎のピーリングや、レーザーピーリングを行っても、歯茎の黒ずみが、あまり変化がなかったのですね。

船橋先生もご回答されていらっしゃいますが、歯茎の黒ずみの原因が歯から来ているのか、それとも歯茎から来ているのかによって処置が異なるのでそこの判断が大事だと思います。

歯茎の内側が黒ずんでいて、それが影のように黒く見えているのであれば、黒くなっている部分の歯茎を切り取るしかないので、そこに歯茎の移植が必要となる可能性があります。

歯が黒くなっているようなら、黒いところを削ってファイバーコアで作り替えるか、または、歯茎の厚みを足す手術をして黒いところが透けて見えないようにするしかないと思います。

どちらにしても、かなり繊細な手術になる可能性が高いので、担当の先生と良く相談して頂き、場合によっては歯周組織の手術に慣れている先生をご紹介頂くとよろしいかと思います。

早くきれいになるといいですね。

回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2019-05-14 00:45:24
erika0506さん、こんにちは。

土台もセラミックも金属を使用していないものに替えたということでしたら、おそらく歯の根自体が変色しているために黒くなっていると思われます。
この場合はピーリングでは改善できません。

土台を外した後に歯の根のホワイトニングを行うことで薄くできる可能性があります。
ただ以前使用していた金属の土台の金属イオンが根にしみ出してしまっている場合はホワイトニングでも薄くならない場合もあります。

2人の専門家がこの回答を支持しています  



タイトル [写真あり] 白い土台+セラミック冠に換えたが歯茎の黒ずみが残存
質問者 erika0506さん
地域 大阪
年齢 28歳
性別 女性
職業 会社員(事務系)
カテゴリ 歯茎(歯ぐき)の変色
その他(写真あり)
クラウンによる歯茎(歯肉)の変色
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日