保険診療で行った左下奥歯の被せ物の保証について

相談者: u1225202さん (32歳:女性)
投稿日時:2019-06-19 12:02:49
先日,下の左奥歯(奥から2番目)について抜髄の治療を行いました。
現在は土台が入っている状態で,次回,保険診療によってレジン被せ物をする予定です。

そのとき先生からは,

「保険診療でレジンを被せて,それが二年以内に破損した場合,再度レジンを被せる場合には実費をいただきます」

という説明がありました。

しかし,歯科医師を目指している友人に尋ねたところ,

「二年以内に破損した場合,確かに保険点数は降りないが,費用は医院の負担になるはずで,患者が支払う必要はない」

と説明されました。

私の友人が間違っている可能性もありますので,どちらの言っていることが正しいのか(つまり,二年以内に破損した場合,破損部分の実費治療は患者の負担になるのかについて)教えていただけないでしょうか。

よろしくお願いいたします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2019-06-19 12:11:47
>下の左奥歯(奥から2番目)について抜髄の治療を行いました。
>保険診療によってレジン被せ物をする予定です。

相談者の方は歯科用金属に対するアレルギーがあるのでしょうか?
なければ奥から2番目(第1大臼歯)にレジンの被せ物はできないように思います。
全ての第2大臼歯が揃っていて、かつ咬合している場合にのみCAD/CAM冠が使えるように思います。

ただ主治医がCAD/CAM冠をレジンの被せ物と表現している可能性はあると思います。

>保険診療でレジンを被せて,それが二年以内に破損した場合,再度レジンを被せる場合には実費をいただきます

クラウンブリッジ維持管理料を算定しているのであれば、この説明はおかしいと思います。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: u1225202さん
返信日時:2019-06-19 12:24:08
柴田先生

早速のご回答,ありがとうございます。
金属アレルギーはないので,CAD/CAM冠のことかもしれません。
私の知識がなくてすみません。

保険診療内で「白い被せ物」という説明だったので,私がレジンだと誤解したと思います。

クラウンブリッジ維持管理料を算定しているのであれば」
この前提条件はどのように判断すればよいのでしょうか?

再度主治医の先生に確認するのがベストでしょうか?
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2019-06-19 12:45:04
ご相談ありがとうございます。


>この前提条件はどのように判断すればよいのでしょうか?


簡単です。

クラウンブリッジ維持管理料を算定しているのであれば」、次の条件が必要だからです。

============================

補管の対象となる歯冠補綴物ごとに、医療機関名、開設者名、装着日、補綴部位、補管の趣旨などを明記した文書を交付する。
(略)交付した文書の写しをカルテに添付する。

===========================ー


また保険規則により、2年以内であれば自己負担は殆どありません。
自費にしなければならない規則もありません。


>再度主治医の先生に確認するのがベストでしょうか?

そのとおりです。
あるいは公正な厚生局に問い合わせることもできます。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: u1225202さん
返信日時:2019-06-19 13:40:28
さがら先生

いろいろと教えていただき,ありがとうございます。
非常に助かりました。

破損した場合の自己負担が不安だったのですが,殆どないとのこと,安心しました。

再度主治医の先生に説明を求めてみます。
それでも「自己負担」ということであれば,厚生局に問い合わせてみようと思います。



タイトル 保険診療で行った左下奥歯の被せ物の保証について
質問者 u1225202さん
地域 非公開
年齢 32歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ クラウン(差し歯・被せ)その他
補綴関連
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日