詰め物の交換治療中に歯が割れました

相談者: こはく0321さん (37歳:女性)
投稿日時:2019-06-23 08:58:58
左上の奥から2番目の歯の詰め物の中が虫歯で、詰め物(銀)を作り変える事になりました。

元々大きな虫歯で、中に土台を作り、詰め物をしてしたので歯科医よりこれではまた虫歯になる可能性があるので銀歯セラミックを勧められました。

理屈は理解しましたが、外側はまだ自身の歯が半分以上残っており、セラミックも高いので今回は詰め物でお願いし、次回セラミックにしようと思いました。


型どりををし、いざ入れる事になったのですがいつもの歯科医ではなく、別の歯科医で、はめ込んだ後トンカチみたいな器具で必要以上に何回も叩き(20回ほど)調整していたようなのですが、叩きすぎで自身の残っていた外側の歯が割れました。

その後謝罪もなく、神経がない歯だからもろいなどといい、セラミックは保険が効かないなど何度も説明されました。
結局私の歯は自身の歯をほとんど失い、銀歯を作るよう言われました。


これは医療従事者として普通の行為なのでしょうか?
一般の日本の企業であれば、謝罪と誠意を見せるということがあると思いますが、歯科の業界は特にこのようなことはなく一般的なのでしょうか?


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2019-06-23 09:25:04
こはく0321さん、こんにちは。

>これは医療従事者として普通の行為なのでしょうか?

普通というのは主観的なものですので、何が普通なのかはその人自身によって変わってきます。
私にとっては例え偶発的なものであったとしても「謝罪もなく・・・」というのは普通ではないように思えます。


>一般の日本の企業であれば、謝罪と誠意を見せるということがあると思いますが、歯科の業界は特にこのようなことはなく一般的なのでしょうか?

その医院や先生の考え方に大きく左右されると思います。
ただ、誠意というのは扱いが難しく、こちらから要求するようなものではありません。

「金銭の返金」や「無償での治療」を要求した場合は「脅迫罪」が適用されることもありますので、ご注意ください。
(どこかでそういった判例が出ていましたね。)



ただ、一般的には金属を詰める際にどれだけ強い力で叩こうとも、せいぜい人間の咬む力の1/10〜1/20程度の力かと思います。

もし健康な歯が割れるくらいの力で叩いていたとすると、痛すぎますので1回叩いた時点で、逃げ出したくなるはずです。
そう考えると元々型取りを行った時点で既に詰め物では対応が難しく、長期経過が困難なケースだったのかもしれませんね。


ひとまずはご自身が通院されている医院の院長に直接上記内容を訴えてみては如何でしょうか?
それで納得が行かなければ選択肢としては
@諦めて転院
A弁護士へ相談
B今回の事は水に流して通院を続ける
のどれかになってくるかと思います。


ご参考程度にしていただければと思います。

4人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: こはく0321さん
返信日時:2019-06-24 00:37:43
三木様

ご回答ありがとうございます。


歯が割れる事はあるのですね。
その可能性を治療前に聞いていればよかったです。

しかし、歯は通常はそう簡単に割れないという事がわかり、自身の歯がもうもたなかったのだと、受け入れる事ができました。
その後の治療も対応も、正直納得のいくものではないので、一旦詰め物を入れたら他の歯医者に行ってきちんと直します。


私の事も配慮していただきながらご回答いただきありがとうございました。



タイトル 詰め物の交換治療中に歯が割れました
質問者 こはく0321さん
地域 東京23区
年齢 37歳
性別 女性
職業 会社員(事務系)
カテゴリ 歯が割れた・折れた・欠けた
詰め物、インレーのトラブル
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日