前歯ブリッジ再作成でメタルコアをファイバーに替えることについて

相談者: ノッチッチさん (45歳:女性)
投稿日時:2019-07-03 14:40:06
はじめまして。

現在右の前歯3本(1、2、3番)のブリッジ治療中(仮歯状態)です。
10年ほど前に同じ歯科医院自由診療での審美歯科がメイン)で右3本をセラミック差し歯にしました。

その時は、前歯1番の歯がそれ以前に保険適用の歯で差歯にしたための審美目的の治療でした。
この時の1番の土台はメタルコアでした。

10年前にセラミックに変えた時に土台をメタルコアのままで治療したため(そのことについては何も言われたなかった)、土台が透けてうっすらと黒くなることがずっと気になっていましたが、言えずにいました。

今回、右の2番の歯根が折れ、前3本をブリッジにすることになりました。

2番の抜歯を終え、仮歯を作り、型取りした後で色についても何も相談なく次回には歯が出来上がっていると言われました。
ちなみに今回はemaxで歯を作ります。

せっかく作り直すのだから歯の色も今までよりも白くしたい旨と、今まで前歯で土台が透けて見えていたことが気になっていたことを伝え、メタルコアからファイバーコアへ変更してほしいと伝えたところ、回答はできないとのことでした。


理由を聞くと、メタルコアの方がファイバーコアよりも強度が強いから、と。

ネットなどで見ると、ファイバーコアの方が丈夫だと書いてあります。

また、どうしてもファイバーコアにしたいのであれば別途6万円かかると言われました。

さらに、メタルコアのままで黒色を透けないようにするにはemaxではなく最高級のオールセラミックスプロセラ)にしないとできないと言われました。

見た目に関しては若干透けて見えることは我慢したとしても、このままメタルコアで前歯の歯根が折れたりするようなことがないかも心配です。

ファイバーコアは保険適応できるとのことですが、本当に6万円もかかるのでしょうか。

また、メタルコアの方が丈夫だと言うのは本当でしょうか。

お忙しい中恐れ入りますが、教えてください。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2019-07-04 07:04:34
ノッチッチ さん、こんにちは。

メタルコアの方がファイバーコアよりも強度が強い
>ネットなどで見ると、ファイバーコアの方が丈夫だと書いてあります。

前者は、正しいと思います。

後者は、正しくは(極僅かに)柔軟性があるという意味かと思います。

ただし、統計的には、両者の有意差は無いとされています。


>メタルコアのままで黒色を透けないようにするにはemaxではなく最高級のオールセラミックスプロセラ)にしないとできないと言われました。

そうでしょうか、陶材鋳造冠(メタルボンド)でも対応が可能かと思います。

参考
メタルボンドとは


>ファイバーコアは保険適応できるとのことですが、本当に6万円もかかるのでしょうか。

ファイバーコアに健康保険が給付されるのは、被覆する修復物も健康保険での時のみです。

金額的には、高額な部類には入らないように思います。

1人の専門家がこの回答を支持しています  



タイトル 前歯ブリッジ再作成でメタルコアをファイバーに替えることについて
質問者 ノッチッチさん
地域 非公開
年齢 45歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ メタルコア(金属の土台)
ファイバーコア(プラスチックとファイバーの芯の土台)
クラウンの作り直し・再治療
ブリッジその他
土台(コア)の除去・交換
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日