歯の痛みを何度も訴えるのがとても気が引けます

相談者: またくさん (38歳:女性)
投稿日時:2019-07-24 17:58:02
先日も相談させていただきました。

精神障害を持っていて、歯のことが不安で心身に不調が出てしまい、寝込んでしまっています。

新しいブリッジの上の歯がものを噛むと痛くて、噛み合わせ調整を何度もしてもらっていて、だいぶん良くなったから、こないだと同じ所をもう少し削ってもらって様子を見たいと言ったのに、さらに違う所を削って噛み合わせを変えてしまいました。

7番が欠損して親知らずと6番に持たせてブリッジを作ったのですが、噛む力を3番と4番に行くように調整したようです。

確かに上の歯の痛みは無くなりましたので、先生も一生懸命治してくれようとしているのだと思いました。

でも、何度も言っているので、今度はまた下のブリッジが噛んだら痛いと、言うのがとても嫌です。

神経を抜かれるのではないかと思うとそれは嫌だし、私は精神障害を持っていて、対人が怖くて、意思表示をきちんと出来ません。

何度も痛みを訴えても大丈夫なのですか?
先生は嫌になりませんか?
もう来ないでと言われませんか?
この痛みは治るのでしょうか?


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2019-07-24 19:53:17
前回のご相談も読んでみました。

>左下7番を破折のため抜歯しました
歯ぎしりや普段の食いしばりが原因かも知れないから
>私はブリッジを入れてからの痛みなので、歯ぎしりや普段の食いしばりとは関係ないと思います

僕的には「大いに関係がある」ように感じます。


そもそも、破折が起こるという事は「またく さん自身に力のコントロールに問題がある」と言う事が考えられます。

ブリッジを入れて咬めるようになっても、またく さんの力のコントロール不良が治っていなければ、破折を起こした時と同じような力が加わり続けていることが考えられます。

「力のコントロール不良」により痛みや違和感を生じることは多々ある事だと思います。


>噛む力を3番と4番に行くように調整したようです。
>確かに上の歯の痛みは無くなりました

と言う事であれば、今度は3番、4番に過度な負担が加わることになるように思います。


なので、個人的にはTCH是正などに取り組まれて徐々にでも力のコントロールを身に着ける努力をされることをお勧めいたします。


注)
またく さんの精神障害が解らないので、一般の方向けの回答を書きました。
もし、歯の事での悩みが大きい場合には歯医者にかかる前にメンタルクリニックの受診が優先されるかもしれません。




タイトル 歯の痛みを何度も訴えるのがとても気が引けます
質問者 またくさん
地域 非公開
年齢 38歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯科治療後の歯の痛み
原因不明の歯の痛み
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日