右下6番、再根管治療後の治療の選択

相談者: wawa_iさん (50歳:女性)
投稿日時:2019-07-29 19:02:43
こんにちは。

右下6番の再根管治療マイクロスコープ)を受けてます。
現在お薬を充填されて、まだ仮歯の状態です。
根っこの先の膿が広範囲で、外科的処置をしてからブリッジか、抜歯してインプラントを勧められています。

もともと痛みはなく、老後に歯を残したくて包括的治療を希望していたので、抜歯はもとより隣の歯を削るブリッジにも躊躇してしまいます。

外科的処置をしたらブリッジにならざるを得ないのでしょうか。
今は経過観察と言われてますが不安です。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2019-07-29 19:15:19
こんばんは。

経過観察でダメという事になれば、残るは意図的再植法が候補になります。

意図的再植法 http://yamadashika.jugem.jp/?cid=189

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2019-07-29 19:56:05
別の歯科医にも意見を求めてみてください。

下の6番で意図的再植術は難しい場合が少なくないと思います。(分割すれば別ですが)

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2019-07-30 11:37:24
>もともと痛みはなく、老後に歯を残したくて包括的治療を希望していたので抜歯はもとより隣の歯を削るブリッジにも躊躇してしまいます。

隣の歯を犠牲にしてまで無理して歯を保存するより、隣の歯には手をかけず、1本だけは諦めて抜歯してインプラントにしたほうが、最終的に「お口全体の健康を保つことができる」と言う場合も多々あるように思います。


「(とにかく)歯を抜かない事」

に主眼を置くのか


「(長い目で見て)お口全体の健康」


を考えるのか、ではないでしょうか。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2019-07-30 19:29:31
wawa_i さん
こんばんは。

櫻井先生も書かれていらっしゃいますが、wawa_i さんの将来の目標が「老後に歯を残したい」ということですから、もちろん、その根管治療を受けられた歯を残すために治療されたと思います。

しかしながら、本来はその1本のみを救えるかもわからない非常に難しい治療が行われていると思われます。
ここに歯科医療の難しさがあって、患者さんにとって多くの歯を残したいというご希望がある場合は、まずは、口腔内全体がどのようなリスクがあるのかという診査を我々なら行います。

今、問題があるのか、ないのかではありません。

これから先に問題が発生するのかどうかをみていくのです。
口腔内全体をみてから、1本1本のリスクを考え、治療するかどうかを相談していきます。

確かに、その歯は状態としては悪かったと思いますので、治療に進むことは良くあると思うのですが、wawa_i さんのご希望を叶えるのであれば、それを治療する前に、色々と考えてあげることがあったように思います。
特に、それは痛みもなかった歯ですからね。

その他の問題が何も無い、ということであれば、その歯に時間と費用をかけて、治療して、4−5年経過を観察してからまた決めるというのが、スカンジナビア風の医療です。

もしも外科まで今行う、というのであれば、それは、運悪く治療がうまくいっていないということでしょうね。
その治療の選択は、根管治療を開始する前に決定すべきだからです。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: wawa_iさん
返信日時:2019-07-31 18:44:02
山田先生、藤森先生、櫻井先生、宮下先生

回答ありがとうございます。

自分の中で何を不安に思っているかをよくよく考えました。
(痛くもないのに手術か抜歯?まさかそんなに悪いはずは・・・)

でもこれは本当は自覚症状が出る前の早期発見ですよね。
長い目での口腔内の健康、それに尽きると感じています。

スカンジナビア風の医療、初めて知りました。
セカンドオピニオンも踏まえ、今の歯がどのくらい悪いのかをもう一度確認して方針を決めたいと思います。



タイトル 右下6番、再根管治療後の治療の選択
質問者 wawa_iさん
地域 非公開
年齢 50歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 根管治療に関するトラブル
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日