重度の歯周病 3DS治療。保険診療との違いは?

相談者: かなりゅうさん (59歳:女性)
投稿日時:2019-08-04 02:41:40
重度の歯周病です。

3DSの治療を勧められ、高額で、これで歯周病が完治するならば...ともおもいますが、17万円程です。
保険診療の歯周病治療との違いは、何なのでしょうか?

何年か前に歯磨きの指導を受けて、頑張ったつもりですが、歯周ポケットは、2から3 奥歯が2箇所ほど6でした。

深部に潜り込んでいる菌をなくさないと「このままでは、もって10年」と言われたのですが...

保険診療では、深部の菌除去は、難しいのでしょうか?

それから、今、寝る前のケアにパーフェクトペリオを使っています。
L8020とどちらが効果的でしょうか?

ご指導よろしくお願いします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2019-08-04 07:28:09
3DSの治療を勧められ、高額で、これで歯周病が完治するならば...ともおもいますが、17万円程です。

3DSだけでは、歯周病の完治は望めないように思います。

費用については、例えば、外科的なアプローチをする際に用いる手法や材料に依っては、もっと高額になることも結構ありますから、特に高額だとは思いません。

ただ、3DSだけでの費用とすると、個人的には、若干の疑問を覚えます。


>何年か前に歯磨きの指導を受けて、頑張ったつもりです

定期的に診続けていただいていなかったことで、自分流の対応になっていた、また、状態の悪化に伴うケアが出来ていなかったのかもしれません。


>今、寝る前のケアにパーフェクトペリオを使っています。
>L8020とどちらが効果的でしょうか?

3DSも含め、なってしまった歯周病に対しては、気休め程度でしょうね。

ちゃんと歯周病治療に取り組んでいる施設で相談なさってみるのも一法かもしれません。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2019-08-04 08:41:57
費用については色々な考え方が出来ると思います。
それで治る見込みが高いと考えられれば小林先生も仰る様に、必ずしも高すぎるということはないと思います。

3DS、パーフェクトペリオ、L8020 はどれも、研究機関等での質の高い研究データが大量に積み重ねられているものではなく(或いは研究者の興味の対象にさえなっておらず)、効果の予測は難しいです。

個人的な想像で言えばどれも厳しいかな・・というところですが、害にまではたぶんならないと思うので、気休めに、費用次第では、という印象です。

保険診療も、保険の範囲内で使える道具や方法で十分なことが出来ない訳ではないのですが、高度な技術を要する中等度以上の歯周病治療に関しては、評価(診療報酬)が低すぎて、しっかりしたことを行うための時間の確保や技術訓練が現実的ではないと感じます。



話を戻して、歯周病も程度が色々なので、奥歯が2箇所ほど6mmあるだけ、と書かれていますが、(患者さんへの説明にはそれが分かりやすいので伝え方としては一般的ですが)mm数が一番重要な訳でもないです。

>「このままでは、もって10年」

という表現自体がどうなのか、こちらでは分からないです。

もし本当に、6mmのポケットと、歯周病の状態も悪く、もって10年ぐらいだろうと感じる歯があったとしても、最善と考えられるアプローチの仕方は歯周病が専門の先生の間でも何通りか出てきそうな気もします。

ただ3DS,パーフェクトペリオ,L8020のいずれも、ポケットの内部に浸透して効果を発揮する訳がないので、これらは良くても「予防効果」でしょうね。

歯周ポケットの内部は、炎症が強いほど中から外に向かって歯肉溝浸出液という、汗の様な液体が出て来る水流の様な状態が出来ているので、消毒液みたいなものやうがい薬みたいなものがそれを逆流して中に向かって浸透していくというのはまず無理でしょう。

また、ポケット内部でも、浮遊していて洗い流せる様な菌もいるのですがそれは自然と出てくるとして、バイオフィルムというネチョっとした状態で固まっている菌を壊すか剥がすかしないといけないのですが、それを薬等で行うのはほぼ無理なので、最低限何か器具を使って直接触れる必要があります。

イメージ的には、カレーを作ったお鍋に食器洗剤をピューピューかけている状態が薬や洗口液で、綺麗にするためにはスポンジなりたわしなりが最低必要です、という意味です。

一度カレーを綺麗に洗えれば、日頃のケア次第では再びカレーが付着しにくいとか、ついても多少洗いやすい様な環境をつくっていくこと(予防)は可能だと思います。



・・で、どうすれば? ということになると思うのですが、個人的には3DSに17万の価値は感じないです。

ただ保険診療を行っている医院で、歯周病治療の自費請求というのがルール上非常に難しい面があるので、『保険でも出来る歯周治療(ブラッシング指導や歯周ポケット内部の清掃、歯周外科など)をもの凄く丁寧にする』+17万 で3DS というお話だったとしたら、差額請求的ではありますが個人的にはなしではないかな、と、思わないでもないです。

(要は、保険を赤字で丁寧に行う分の補填として、という意味です。保険制度的にはグレーですが)

あるいは、そもそも「もって10年」の状態なのかどうか、より経験豊富そうな、優秀そうな先生を探してセカンドオピニオンを求めて見解を聞いてからその後どうしていくかの判断をするのでもいいかも知れませんね。

不安が払拭されるといいですね、お大事にして下さい。

2人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答3
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2019-08-04 11:03:42
こんにちは。
個人的には高額な治療費をお支払いになればはじめて歯周病と本気で向き合う事ができるのかな?という印象です。

保険治療は毎月高額な保険料をお支払いになっている為、診療時の自己負担は非常に安いように感じる事が出来ますから歯周病のように治るためにご自身の努力が必要になる治療には向かないのかもしれません。

大抵がお手入れ不足による慢性疾患で生活習慣病ですから安価で簡単な処置しか受けられず改善が顕著でないならば努力が持続しない為悪化を防ぐことは困難になるのではないかと思います。

本来ならば保険治療でも問題なく悪化は防げますが、安い治療費で効果を顕著に実感できなければ治療に通院することもされなくなりますよね?

〉何年か前に歯磨きの指導を受けて、頑張ったつもりですが、歯周ポケットは、2から3 奥歯が2箇所ほど6でした。

それが、この文章から感じられたことです。

歯磨き指導を受けられてその後定期的なチェック&クリーニングに通院されなくなってしまった歯科医院からは転院されたのでしょうか?それとも同じ歯科医院に久しぶりに行って歯周組織検査を受けたらはじめてそのように言われたのでしょうか?

歯周病治療は一旦なると治癒もコントロールも難しいですから歯科医院側も患者さんのモチベーション維持にはかなり苦労しますから色々な方法が取られることになります。

歯周病がひどい場合は先に遊離細菌数を減らしておく事をする場合もありますから3DSが全く効果がないわけではありませんし、むしろ身体を守る事につながるかもしれませんから現在通院中の歯科医院で今度こそしっかり自分自身の健康に向き合ってプロと二人三脚で頑張るぞと思われるならば本気で通院できる治療費をお支払いになっておくというのもよいのかもしれませんね。


かなり努力が必要ですからどこで誰とタッグを組んで頑張るか?になってくるかもしれません。

私も基本的な考えは渡辺先生のご回答とほとんど同じです。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2019-08-05 15:09:04
こんにちは。

重度の歯周病とのことですが歯磨きができていないのが原因でしょう、したがって歯磨き技術の習得が必要です。
一度や二度教えてもらっても技術の習得はできません、歯周病が治るまで練習を続ける必要があります。

磨き残したプラークが歯周病の原因ですからプラークを落としきれる歯磨き技術の習得が必須です。
薬を使ったところでプラークが残っていれば治りません。

どんな疾患でもそうですが治すためには原因を取り除くことです。

ブラッシングの威力 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3677

回答 回答5
  • 回答者
回答日時:2019-08-08 09:54:07
保険診療の歯周病治療との違いは、何なのでしょうか?

保険で認められていない薬剤、治療法を使用した場合には保険外治療となります。

ただ、有効性の高い薬剤、治療法はほとんど保険適応です。保険適応外の薬剤、治療法は有効性が高いとは認められていない(新薬等でデータが少ないものも含む)ため保険の適応を受けられていないと考えてよろしいかと思います。


>保険診療では、深部の菌除去は、難しいのでしょうか?

自費治療であっても歯周治療の根幹となる部分は保険治療と同じです。
保険治療と自費治療は枝葉の部分で異なるだけです。




タイトル 重度の歯周病 3DS治療。保険診療との違いは?
質問者 かなりゅうさん
地域 非公開
年齢 59歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯周病(歯槽膿漏)治療
歯周病関連
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日