根管治療中、根管が開かないことは頻繁にありますか?

相談者: あんとわさん (29歳:女性)
投稿日時:2019-09-13 21:40:01
こんばんは


右上6番にフィステルができたため、根管治療を開始し、3回目の治療をしました。

2回目の時に、4本ある根のうち2本は開かない根管があると言われ、CTをとりました。
1年2本中1本はとても細いようです。


3回目治療中も担当医は開けるように頑張ったそうですが保険範囲内では難しいのでマイクロスコープを使った治療をどうか?と勧められました。

ラバーダムだけは別途料金を払い1回目からつけてもらい治療してます。
治療開始から1ヶ月ほど経ちましたが、フィステルと歯茎の腫れはなくなりました。


開かない根管があることは頻繁なのでしょうか?
保険内だとそのまま詰めてしまうことは多々ありますか?

マイクロスコープを使っても開かない場合もあると言われ、治療費も高額ですし、どうしようかと思っています。


よろしくお願い致します。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2019-09-13 22:39:06
あんとわさん、こんにちは。

>開かない根管があることは頻繁なのでしょうか?

あることはありますよ。
正直先生の腕に左右されます。


保険内だとそのまま詰めてしまうことは多々ありますか?

私は自費根治はやっていないので自費の方は不明ですが・・・仮に自費で行ったとしても開かない根管はそのまま詰めますね。
無理やり開けようとして変な方向に進めてしまうと残念過ぎますからね。


マイクロスコープを使っても開かない場合もあると言われ、治療費も高額ですし、どうしようかと思っています。

上で書いた通り、先生の腕が何より大事です。
マイクロスコープなどの機器が治療するわけではありませんので。

もちろんマイクロスコープを使用することで今まで見えなかったものが見えるようになりますので、良好な結果には結び付きやすくはなりますが・・・マイクロスコープをどの程度のレベルで使用できているかが大事ですね。

個人的には歯の保存に拘りがあるのであれば、歯内療法専門医の先生に治療して頂くのが一番かと思いますよ。


ちなみに、「ラバーダムだけは別途料金を払い1回目からつけてもらい治療してます。」
これ、完全なルール違反ですからね。
ラバーダムは根管治療を保険で行う場合、処置料の中に含まれています。
つまり無料で行わなければならないものです。


ご参考程度にしていただければと思います。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2019-09-14 07:59:25
>治療開始から1ヶ月ほど経ちましたが、フィステル歯茎の腫れはなくなりました。

そこで根管充填するのも一つの選択肢かと思います。
頑張りすぎるのもなにかと思います。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2019-09-14 13:19:24
メールの受信制限がかかってませんか? 返信できなかったです。


柴田先生と同じ意見です。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: あんとわさん
返信日時:2019-09-14 14:05:35
三木先生
ありがとうございます。

別途ラバーダム料金が違法なことを知りませんでした。
担当医の腕次第なのですね...



柴田先生
ありがとうございます。

無理やり開ける必要のないものかもってことですよね。



藤本先生
こちらでみつけていただきありがとうございます。

制限がかかってました。
お手数をおかけし申し訳ないです。
ありがとうございます。

他にも気になる歯があるので一旦このまま根管充填する流れで考えたいと思います。


ありがとうございました。



タイトル 根管治療中、根管が開かないことは頻繁にありますか?
質問者 あんとわさん
地域 非公開
年齢 29歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 根管治療の治療法
根管治療に関するトラブル
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日