右上E7Gブリッジ、土台になっている虫歯の親知らずを抜くことについて

相談者: うにさんさん (52歳:男性)
投稿日時:2019-09-11 21:56:58
専門用語を存じませんので、わかりにくい表現をお許しください。

約20年前、上右奥の7番を抜歯し、親知らずの8番と6番を土台にしたブリッジをしてもらいました。

大事にしていたのですが、半年くらい前から、舌が親知らずに引っかかるようになりました。
どこかが欠け始めたのかと思いますが、痛みもないので放置していました。

ところが、先週末の深夜、急に歯から頭に至るまで激痛が襲いました。
しばらく我慢するも治まらないため、起き上がって痛み止めを探していると、5分くらいで収まり、痛み止めを飲まずに朝まで就寝できました。

その後、翌日は飲食、冷たい物にも支障なく、普段どおりに過ごせたのですが、就寝後1時間くらいたったころに、前夜と同様の痛みが出ました。

今回もいずれ治まると思って我慢しましたが、1時間ほど経過しても治まらず、薬を飲もうと起き上がってしばらくすると、再び治まりました。

このように、横になってしばらくすると痛み出し、起き上がると治まるというのが、それ以来毎晩続いています。
そして、昼間は何ら痛みはありません。

そこで、週明け早々に歯科医に行きました。
すると、ブリッジの土台となっている8番を抜歯するとのこと。
そのため、元からの欠損の7番ところは入歯を入れるとの説明でした。

8番の炎症がひどいらしく、抗生剤服用で炎症を鎮め、8番の抜歯は次週行うこととなりました。
レントゲンの画像を見ながらの説明で、納得したつもりです。

ですが、帰ってからよく考えたのですが、親知らずが虫歯になったからといっても、大切なブリッジの土台なのに、どうして抜かなければならないのか、納得いきません。

このような場合、患者として8番の親知らずを残して治療いただき、元のようにブリッジにしてもらいたいと希望を伝えることは可能なものなのでしょうか。

また、どうしても抜歯しないといけないとして、元の欠損箇所の7番の位置には入歯は必要なのでしょうか? 
入れなければ下の歯が伸びてきて支障になったり、あごの形や顔、さらには体全体がゆがんでくるといわれました。

お医者さんにそこまで言われると、知識の無いものとしては反論もできないのですが。。。

親知らずを抜かざるを得ないこと、抜いたとしても入歯を入れなければならないこと、この二つについて、必要性をご教示いただきたく思います。

また、もう一軒、別の歯科医に見てもらったほうがいいのでしょうか。
よろしくお願いいたします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2019-09-12 07:00:12
>もう一軒、別の歯科医に見てもらったほうがいいのでしょうか。

担当医の説明を受けてもなお、疑問や不安が払拭できないようでしたら、自主的に他の施設で相談してみる or 経過や現状についての資料を借りるなどしてセカンドオピニオンを求めてみるのが良いように思います。


>どうしても抜歯しないといけないとして、元の欠損箇所の7番の位置には入歯は必要なのでしょうか? 

実際の判りませんので、文面からの推測に過ぎませんが、8番=親知らずの抜歯について、私には妥当な判断のように思えます。

ただ、義歯を「入れなければ下の歯が伸びてきて支障になったり、あごの形や顔、さらには体全体がゆがんでくる」かどうかは、上下の歯の接触関係のみならず、口腔内外の状態を診査しなければ、何とも言えません。




タイトル 右上E7Gブリッジ、土台になっている虫歯の親知らずを抜くことについて
質問者 うにさんさん
地域 非公開
年齢 52歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 抜歯:7番(第二大臼歯)
抜歯:8番(第三大臼歯、親知らず)
ブリッジ治療法
ブリッジに関するトラブル
親知らずの抜歯
親知らずの痛み
親知らずの虫歯
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日