歯槽膿漏の治療後に歯茎切開を勧められている

相談者: トムヤムクンメンさん (53歳:男性)
投稿日時:2019-09-17 18:32:53
はじめまして。
左の下8番の内側の歯茎の件です。
宜しくお願い致します。

私は3ヶ月毎に歯科クリーニングに通っています。
歯石除去や、パウダーでの研磨等。
その時は異常が無かったのですが、ある日8番の歯茎が腫れ、痛みで食事も摂れなくなりました。

同じ歯科医院にて、飲み薬と歯茎の掃除と薬の注入を3日置きに通い、当初8mmまで深くなったポケットも今は4mmとなり、痛みもなく固い物も噛めるようにまりました。

担当の歯科衛生士さんも、これで経過観察ですねと言い、最後に全体のクリーニングを行いました。
すると院長先生がレントゲンを見ていて、歯茎の中に何かあるようだと言われました。
次回、CTを撮ろうと言われ、翌週に予約しました。

翌週、CTを撮り、画面には出ていたが結果はまた来週との事で予約しました。

翌週、結果を聞くと、CTでもわからず、やはり切開してみないと分からないという事でした。

歯茎に細い器具を入れると何かに当たるので、乳歯の残存があるかもしれないとの事でした。
(結果を聞くだけと思いきや、今回は再度全体のクリーニングをするとのこと、先日したばかりなのにまた行いました。
プラークコントロールはできていて、他の歯は異常なしと言われました)

そういった異物が病巣となり、歯周病再発、歯茎が溶けてなくなり、抜歯となる可能性あり、切開手術を勧められました。
なので、それでも構わないと伝えました。

帰り際、院長先生に、手術と言っても、カルテ上、すぐ次回という訳にはいかない。
あと、3回ほど、クリーニングという名目で2週間おきに通院してください、と言われました。

一応、予約を取ったのですが、不審感が出てしまいました。
保険の報酬や、カルテ上の問題はこちらにはわかりません。



ここから質問です。

見た目に治ってしまって、予後観察となったら、別の病名で手術するには何度か通院したという事実が必要なのでしょうか。(クリーニングという名目でと言ってました。)

過去の相談を検索すると、歯槽膿漏で腫れている時に歯茎の切開で膿を出す、というのが一般的のようです。
もしまた腫れてきたら、手術をするというのでは遅いのでしょうか。


お忙しい所、申し訳ございませんが、歯科の変更も視野に考えております。
よろしくお願いします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2019-09-17 18:47:12
トムヤムクンメンさん、こんにちは

8番が腫れた時には、基本的には抜歯です。
何か積極的に治療してまで残さなければいけない理由があるのでしょうか。
また、8番付近に乳歯は存在しませんので、乳歯の残存は考えられません。
何か勘違いがあるかもしれませんね。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2019-09-18 08:50:19
ご相談ありがとうございます。


>見た目に治ってしまって、


治ったかどうかは、見た目で判断する方法と、または、ビフォー・アフターの検査の比較により、科学的根拠を持って診断する方法とに分かれます。



>予後観察となったら、


それは、回復した健康を維持増進する本当の予防医療に入ったのか、あるいは、瀬戸際のような危険な状態があり、説明と相談の上で発病の前兆を特定のサロゲート・エンドポイントなどの検査で定期的に調べて、被害を最小限にする具体的な作戦をとるのか、に分かれます。



>別の病名で手術するには何度か通院したという事実が必要なのでしょうか。


もし治すためであれば、科学的な根拠を説明していただくと良いと思います。

治すためには、あなたのためのゴールを決め、そこへのあなたにとって一番良いルートを選択することです。
他の人のためではありません。

そもそも、誰に事実を証明する必要があるのでしょうか。
回数という事実がなぜ必要なのでしょうか。
なぜわざわざ別の病名が必要なのでしょうか。
それは誰にとって必要なのでしょうか。

聞いてみてはいかがでしょうか。



>(クリーニングという名目でと言ってました。)


誰に名目を取り繕わなければならないのでしょうか。
本音は何かあるのでしょうか。

あなたの病気を治すことが本音のはずではないのでしょうか。



歯槽膿漏で腫れている時に歯茎の切開で膿を出す


それは緊急的な応急処置にしか過ぎません。
今回とは意味が違いそうです。



>もしまた腫れてきたら、手術をするというのでは遅いのでしょうか。


それもありです。

しかし、もし予防医療が目標であれば、腫れることがわかっているなら腫れないようにすることが予防と言えないでしょうか。



>3ヶ月毎に歯科クリーニングに通っています。


これは何の目的なのでしょうか。
たとえば、相談しながら、具体的にゴールを計画して記録する方法もあります。

相談とは、説明を受けるだけではなく、あなたの希望を実現できるか聞いたり、疑問を解消して、安心するためです。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: トムヤムクンメンさん
返信日時:2019-09-19 16:09:12
小牧先生、さがら先生、ご回答ありがとうございました。

まず、こちらの歯科に3年ほど歯科クリーニングに通っていますが、きっかけは前歯差し歯が緩くなり、付け直して頂いてから、予防歯科として勧められて3ヶ月毎通っていますが、一度も歯周病だと言われた事はありませんでした。

食いしばりがあるようで、マウスピースを就寝時は装着しています。
また、クリーニングを行った1か月後に急に歯茎が腫れました。
予兆もなく、いきなりなるのでしょうか。

心当たりと言えば、1年ほど前に、右下の7番の銀歯が外れて、中が虫歯となっていたので、抜歯してブリッジをしました。
それから、少し噛み合わせが合わず、右顎が食事中に外れる事があります。

その後、左上8番の尖った所(歯の端っこ)が左下8番を食事中に突くようになって、噛むと歯と歯があたり、左下8番が痛くなり、今回の歯茎の腫れとなりました。
歯科衛生士は、(歯根膜炎だったか、何か病名を言っていました)

院長先生には噛み合わせで当たる所は削って貰い、右下奥のブリッジを入れてから色々おかしいと伝えましたが、歯並びが元々悪いせいだ、きちんとブリッジは作っていると言われ、聞いてもらえませんでした。

そして腫れたのは歯周病、歯茎には何かが入っている可能性、手術が必要となりました。


いづれにしても、急激な歯周病の進行ならば、抜歯でも仕方がないのですが、手術までに3回はクリーニングに通う理由が分からないですし、今回の歯科医とこれから納得のいくまでコミュニケーションを取って行くのは難しいです。

セカンドオピニオンを選択しようと思います。
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2019-09-19 21:43:19
保険のルール上の問題なのかな?と思います。

歯周病治療は、そのようなルールを守ってやらないと請求できないこともあるんです。

又、手術に行く前に、炎症が再発しないように保つ、と言うこともあるか、と思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: トムヤムクンメンさん
返信日時:2019-09-22 16:17:44
松元先生

ご回答ありがとうございます。
保険上のルールがあるという事ですね。

次回、クリーニングに出向いた際に、歯科衛生士の方に聞いてみようかと思います。

それから今後のことを考えようと思います。

色々とありがとうございました。



タイトル 歯槽膿漏の治療後に歯茎切開を勧められている
質問者 トムヤムクンメンさん
地域 非公開
年齢 53歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 歯周病(歯槽膿漏)治療
歯医者への不信感
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日